« 首相官邸前 | トップページ | 記者クラブに座っていれば「ニュースは向こうからやってくる」と思っている日本の新聞記者。考えない。調べない。取材しない。1973年に日本のマスコミは終わっていた。 »

2012年6月11日 (月)

野田佳彦の脅し文句「石油ショック」も「地球温暖化」も実在しない! デマ、プロパガンダ、詐欺だった!!

 今でもネットの質問サイトにはこういうのありますよね。

「石油ショックでなぜ、トイレットペーパーが買い占められたのですか?」

 1973年10月16日。OPECが原油公示価格を

 1バレル2ドル→3・65ドルにすると一方的に言い出す。

 17日。OPEC、外国船の出港停止措置。

 しかし、石油不足などまったく起きなかった。

022

 世界の原油供給グラフにも変化なし。

 10月19日。通産大臣が突然、こう言い出した。

「国民の皆様に紙の節約をお願いしたい」

 当時の通産大臣は?

「原発安全神話」の生みの親、大ウソつき、中曽根康弘!

Imagescaf7hivz

 外国人ジャーナリストなら、どうしただたろう?

 製紙会社、業界団体に電話をする。

 そうすれば、「紙不足」など起こらないことを伝えられる。

 日本にはジャーナリストなど存在しない。だから、

 売り場に群がる主婦の映像、写真を連発し、

 国ぐるみの詐欺、国のデマを逆に煽った。

 トイレットペーパー争奪戦でけが人が出た。

 日本の「ジャーナリスト」はどうしたのか?

 取材はまったくせず、通産省記者クラブにいた。

「紙は不足しない。逆に増産を計画している」

 官僚の発表をただ書き写した。

 これが動かぬ証拠。

 国民のプロパガンダ支配、国ぐるみの詐欺は、

 記者クラブ制度が生み出したものだ!

 真犯人は「ジャーナリスト」だ!!

|

« 首相官邸前 | トップページ | 記者クラブに座っていれば「ニュースは向こうからやってくる」と思っている日本の新聞記者。考えない。調べない。取材しない。1973年に日本のマスコミは終わっていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/45617822

この記事へのトラックバック一覧です: 野田佳彦の脅し文句「石油ショック」も「地球温暖化」も実在しない! デマ、プロパガンダ、詐欺だった!!:

« 首相官邸前 | トップページ | 記者クラブに座っていれば「ニュースは向こうからやってくる」と思っている日本の新聞記者。考えない。調べない。取材しない。1973年に日本のマスコミは終わっていた。 »