« デビッド・ロックフェラー・ジュニアは、キッシンジャーと同じ飛行機で来日した。わかりやすすぎます! | トップページ | 新宿中央公園 »

2012年6月30日 (土)

イスラエルは小沢一郎を許さない? 強制起訴は反シオニスト政治勢力の追放が目的? 不気味すぎる!

 イスラエルの秘密のパイプライン。

Photo

 エイラトとアシュケロンを結ぶ線です。

『キング・オブ・オイル』の記述が真実なら、

「オイルショック」直前、イスラエルとイランが

 それぞれ50%出資の会社、

「トランスアジアティック・オイル」社設立。

 本社はマーク・リッチがいたスイス。

 1969年12月「闇石油の密輸」開始。

 イラン軍はタンカーを護衛し、ペルシャ湾を東へ。

 Uターンして紅海へ。エイラトまで原油を運ぶ。

 イスラエルのためのエネルギーではない。

 アシュケロンから出港したタンカーは、

 わざわざ「イスラエル友好国」の港に止まるなどして、

 石油の出所がどこかわからなくした。

「資源ロンダリング」です。

 OPEC主要国は「イスラエル友好国」への石油輸出を禁じた。

 マーク・リッチは簡潔にこう語っている。

「石油不足のときに我が社は石油を持っていた」

 マーク・リッチ社の売上。

 1974年2800万ドル→1976年2億ドル。

 マーク・リッチ社はそれを5人で分けた。

「小国」イスラエルがなぜ、核兵器を持つ先進国なのか?

 なぜ、アメリカはイスラエルを支え続けるのか?

 なぜ、「ユダヤ・ロビー」は文藝春秋社の雑誌、

『マルコポーロ』を瞬時に潰すことができたのか?

 不気味すぎます!!

 小沢一郎は、2006年にシーファー米大使と会談。

「アフガニスタンに日本の自衛隊を送らない」と明言。

 さらにメルケル独首相が来ても、自説を変えなかった。

 直後に「西松事件」は起きます。

 2011年1月。小沢一郎強制起訴。

 田中角栄を「殺した」男、キッシンジャー来日が11月。

 そして、民主党分裂の今です。

 マーク・リッチはこうも呼ばれていますよね。

「マフィア」「暴力団の親分」。

 水面下で何が動いているのでしょうか? 

|

« デビッド・ロックフェラー・ジュニアは、キッシンジャーと同じ飛行機で来日した。わかりやすすぎます! | トップページ | 新宿中央公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/46046888

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルは小沢一郎を許さない? 強制起訴は反シオニスト政治勢力の追放が目的? 不気味すぎる!:

« デビッド・ロックフェラー・ジュニアは、キッシンジャーと同じ飛行機で来日した。わかりやすすぎます! | トップページ | 新宿中央公園 »