« わしは左翼を憎む。わしは右翼を憎む。すべての政治家はウソをつく。 | トップページ | 朝日新聞の犯罪 大熊由紀子「謎だらけの皮膚炎」 原告に取材せず、原発労働被曝を否定 »

2012年5月 8日 (火)

オイルショック詐欺と朝日新聞社説 そして電事連

 1974年。オイルショック。

 しかし、世界の石油供給量は減らなかった。

 日本では物価が20%以上値上がりした。

 この年、日本の大企業は前代未聞の黒字決算を出した。

「オイルショック」は、地球規模の詐欺だったのだ。

 朝日新聞は社説にこう書いた。

<代替エネルギー技術の現状から判断する限り、さし当って原子力発電の発展に期待をかけないわけにいかない>

 電事連会長中部電力社長の加藤乙三郎は記者会でこう言った。

「原子力発電所の建設はこの際(石油危機に)便乗したからといって、あとで叱られることはないと思う。逆に後日『あんな好機になぜやらなかったか』と叱られるだろう」

|

« わしは左翼を憎む。わしは右翼を憎む。すべての政治家はウソをつく。 | トップページ | 朝日新聞の犯罪 大熊由紀子「謎だらけの皮膚炎」 原告に取材せず、原発労働被曝を否定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/45187410

この記事へのトラックバック一覧です: オイルショック詐欺と朝日新聞社説 そして電事連:

« わしは左翼を憎む。わしは右翼を憎む。すべての政治家はウソをつく。 | トップページ | 朝日新聞の犯罪 大熊由紀子「謎だらけの皮膚炎」 原告に取材せず、原発労働被曝を否定 »