« 地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会に参加した女性ジャーナリスト | トップページ | なぜ、『報道ステーション』は原子力委員会「勉強会」問題を報道しないのか? 勉強会を仕切ったのが、東芝、日立製作所、三菱だったからなのか!? »

2012年5月29日 (火)

「地球温暖化問題に関する懇談会」 勝俣恒久東電会長 2回欠席して、3回目での第一声

「手前味噌と言われそうですが、今後のエネルギー利用については、家庭部門のみならず産業、業務用、運輸部門において、ヒートポンプとか電気自動車、いわゆる燃焼方式から高効率な電気機器へと「電化」して行くのが最も合理的な省エネ手段であり、その供給力は原子力にするのが最も安く達成できる手段だと、私は確信いたしております」

「1兆円を原子力建設に充てた場合、年間1,750万トン程度のCO削減に寄与し、例えば太陽光発電に比べても非常に効果が高いので、今後の原子力の推進をどう図っていくのかだと思っております。それと同時に、最近、アフリカ諸国、アジア諸国、中東諸国を初め、原子力発電を導入したいので相談に乗ってくれという依頼が増えてきておりますので、日本として、政府のリーダーシップの下、どうしていくのかを是非お考えいただきたく思います」

 要するにこれ、「原発推進会議」だよ!!

「国の温暖化対策のなかに原発をしっかりと位置づけろ」

 寺島実朗は何度こう言うし。

|

« 地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会に参加した女性ジャーナリスト | トップページ | なぜ、『報道ステーション』は原子力委員会「勉強会」問題を報道しないのか? 勉強会を仕切ったのが、東芝、日立製作所、三菱だったからなのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/45458274

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球温暖化問題に関する懇談会」 勝俣恒久東電会長 2回欠席して、3回目での第一声:

« 地球環境保全・エネルギー安定供給のための原子力のビジョンを考える懇談会に参加した女性ジャーナリスト | トップページ | なぜ、『報道ステーション』は原子力委員会「勉強会」問題を報道しないのか? 勉強会を仕切ったのが、東芝、日立製作所、三菱だったからなのか!? »