« 『NHKスペシャル』の予想が当ったら……。 | トップページ | 人類がマヌケである理由のひとつが、「コアキャッチャー」です!! »

2012年4月 1日 (日)

NHKのEテレを見て思うのは、病院がウソをつく、という国家の末期症状です

 2011年3月12日以降、被曝者の報道は皆無です。

 フジテレビは「190人が被曝」と報道し、

 その後、190人は消えました。

 14日の3号機爆発で、確か読売新聞が、

「160人以上が被曝」と書き、これも消えました。

 350人です。

 タービン建屋のたまり水に運動靴で入って被曝した人は、

「最大6シーベルトの被曝」と報道されました。

 放医研に運ばれて、退院し、行方不明です。

 マスコミは被曝者を報道し、その後を一切追わない!

 マスコミがウソをつく。

 病院が、医者が、ウソをつく。

 そうなると、この国は終わりです。

 2011年3月12日。1号機爆発のとき、

 福島県いわき市で、水の配給のために外にいた

 若い女性と話したことがあります。

 昨年11月の時点で、「検査はこれからやる」という、

 通知を受け取ったとのことです。

 半減期の短い核種が見つかるはずがないのです。

 その後、体の不調を訴えても、

「原発事故とは関連がない」

 カルテにそう書かれて処理されますよね。

「関連の可能性」を書くには相当の覚悟がいりますよね。

 わしは、「福島悲惨化計画」に組しません。

 しかし、マスコミが、わしのかつての仲間たちが、

 こんな状況であることは許せないと思います。

 原発推進派だけではありません。

 原発事故の危険性を激しく糾弾していた「ジャーナリスト」も

 ウソばっかりついてきたんです!!

 これは、日本でだけで起きている異常事態なのです。

 アメリカでは考えられない事態です!

|

« 『NHKスペシャル』の予想が当ったら……。 | トップページ | 人類がマヌケである理由のひとつが、「コアキャッチャー」です!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/44718684

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのEテレを見て思うのは、病院がウソをつく、という国家の末期症状です:

« 『NHKスペシャル』の予想が当ったら……。 | トップページ | 人類がマヌケである理由のひとつが、「コアキャッチャー」です!! »