« ビートブラックの生産者は、ノーリーズン、ヘンブンリーロマンスも生み出していた!! | トップページ | コメントありがとう! 「ラップバランス」って何? 息を入れるところは例年の半分だ!! »

2012年4月30日 (月)

池添先生への弁護② 直線の大外を選んだのではなく、その前に馬が動かなかったんです

 ジョッキーの心理はまず、ビシッと折り合う、です。

 それができたら、後ろにいるか前にいるかは、

 それほど重要ではない。

 いけているか、いけていないか、なのです。

 オルフェーヴルはいけていた、とわしは思います。

 結果、後ろになって、折り合う。

 前でビュンビュンとばす馬を気にするか?

 これは個人差があると思います。

 アンカツ先生なら、おそらく、気にしない。

 昨日の池添先生は、気にしていた、と思います。

「早く仕掛けよう」と考えていたと思います。

 馬を信頼する。早仕掛けでもバテない。

 先頭に立った石橋先生はイケイケです。

「今日は感触が違う」

 笑ったと思いますよ。

 池添先生に差されても騎乗数は落ちません。

 誰にも叱られない。

 ブラックミュージックのリズム乗っていくだけ。

 これ、最高の気分だと思いますよ。

「バテるだろうなあ」と思ってムチを入れると、バテない。

 4馬身差ですよ! むちゃくちゃに強い。

 で、次走、宝塚記念を逃げて負ける。

 今は玄人しか馬券を買わないので人気にはならないかもしれないけど。

|

« ビートブラックの生産者は、ノーリーズン、ヘンブンリーロマンスも生み出していた!! | トップページ | コメントありがとう! 「ラップバランス」って何? 息を入れるところは例年の半分だ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/45073980

この記事へのトラックバック一覧です: 池添先生への弁護② 直線の大外を選んだのではなく、その前に馬が動かなかったんです:

« ビートブラックの生産者は、ノーリーズン、ヘンブンリーロマンスも生み出していた!! | トップページ | コメントありがとう! 「ラップバランス」って何? 息を入れるところは例年の半分だ!! »