« 大飯原発には「窒素」なし! 「ベント」なし! 「水位計」なし! | トップページ | 世界の終わりにこの歌を! 武蔵野タンポポ団「生活の柄」 »

2012年4月22日 (日)

「ゴジラvsデストロイア」は、大森一樹監督作品じゃありませんでした スマンです

 うーん。まともなゴジラ映画じゃないか?

 大学生が、ゴジラの体内の研究をして、発見する。

 ゴジラの心臓は、原発だ、と(笑)。

 メルトダウン寸前のゴジラが香港を破壊。

 このシーンはファンとしてはいい感じ。

 ゴジラは、メルトダウン寸前なのに、なぜか、

 核燃料を求めて、伊方原発に向かいます(笑)。

 ゴジラの栄養素はウランだったのです(笑)。

 ここで、陸上自衛隊が大活躍して、

 ゴジラを凍りつかせます。

 伊方原発とともにゴジラがメルトダウンすると、

 被害は原発事故の10倍。

 地球に大穴が開いてしまう(笑)。

 こんな兵器が15年後にあれば、F1の破局はなかった。

 超低温レーザーでしたっけ?

 15年後、自衛隊はヘリコプターから水をかけました。

 この映画、脚本が大森一樹さんですよね。

 ゴジラ以上に女優陣の演技が怪物ですが、

 これが「平成ゴジラ」の最大の特徴ですが、

 反原発映画なので、

 皆さん!

 多分、おそらく、観た方がいいかもしれないけど、

 どうなんでしょう……自己責任?

|

« 大飯原発には「窒素」なし! 「ベント」なし! 「水位計」なし! | トップページ | 世界の終わりにこの歌を! 武蔵野タンポポ団「生活の柄」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/44973672

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴジラvsデストロイア」は、大森一樹監督作品じゃありませんでした スマンです:

« 大飯原発には「窒素」なし! 「ベント」なし! 「水位計」なし! | トップページ | 世界の終わりにこの歌を! 武蔵野タンポポ団「生活の柄」 »