« もー! バカなんですか、郵政省! 「地球環境観測」は10年前に打ち切られている! | トップページ | 人間は泣き続けることはできない だから、詐欺師どもは待っている »

2012年3月20日 (火)

70年前の米「4ミニッツ・メン」 現在の日本「打消しツイッター」

 第二次大戦前夜、アメリカ人は欧州の戦争に参加する気などさらさらなかった。

 ある夜、全米の映画館の休憩時間に、

 一斉に立ち上がる人たちがいた。

 地元の銀行のトップ、大農場主、地場産業の社長、

 コミュニティー指導者、組合長などなどです。

 彼らの主張は、こういうものでした。

「欧州で起きたことは、明日、この地元でも起きる」

「爆弾が仕掛けられ、水道に毒を入れられてからでは遅い」

「戦争は一部の大金持ちのビジネスだ、などと言う輩は告発しましょう」

「やつらはドイツ人、共産主義者のプロパガンダに洗脳されている」

「アメリカは平等な社会です。金持ちから高い税金を取っている」

 4分間の演説をする地元のオピニオンリーダー。

 数千人の「4ミニッツ・メン」が一斉に立ち上がった。

 このアイデアを思いついたのは、「進歩的ジャーナリスト」、

Photo_3

 ウォルター・リップマンです。

 元社会党員の左翼ジャーナリストが、

 ルーズベルト大統領にこう進言したのです。

「健全な世論が必要とされています」

 今の日本人は何者?

「日本はひとつのチーム」「絆」……

 我々は「健全な世論」なのです。

 テレビを消して、闇に耳を凝らすべきです。

 ツイッターをやめて、死んだ人の声を聞くべきです。

|

« もー! バカなんですか、郵政省! 「地球環境観測」は10年前に打ち切られている! | トップページ | 人間は泣き続けることはできない だから、詐欺師どもは待っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/44567849

この記事へのトラックバック一覧です: 70年前の米「4ミニッツ・メン」 現在の日本「打消しツイッター」:

« もー! バカなんですか、郵政省! 「地球環境観測」は10年前に打ち切られている! | トップページ | 人間は泣き続けることはできない だから、詐欺師どもは待っている »