« 大災害と「戦争風評」で大儲けするロスチャイルド 唾棄!! | トップページ | 紙幣を印刷する権利とエネルギーの価格を決定する権利 ロスチャイルドが持っているのはこれだけ »

2012年3月13日 (火)

オランダと地球温暖化と原油価格 ヨーロッパの詐欺師は今も野放しだ

 ロスチャイルドの総本山、

 ロイヤル・ダッチ・シェル本社はオランダにあります。

 40年間、詐欺を働いてきた会社だ!

 1974年、オイルショック詐欺。

 石油の供給量は減っていないのに、

 価格だけが高騰し、世界の大企業が、

 製品の値上げ分だけ大儲けをしました。

 同時にウラン価格は4倍になり、

 フランスのロスチャイルド家、

 ギー・ド・ロスチャイルドが大儲けをします。

 ギーの会社、リオ・ティント・シンクは、

 世界のウラン鉱山の6割を支配している。

 日本では堺屋太一が小説『油断』を書いてアシスト。

 ロスチャイルド家は、戦争で儲ける会社です。

 日本にも日露戦争時代から深く食い込んでいます。

 日本の財界は、戦争の呪縛から逃れられない。

 だから、日本人の半分が原発推進派なのです。

 まったく同じ詐欺が、今、行われています。

 イスラエルはイランを攻撃しません。

「攻撃するぞ」というプロパガンダによって、

 原油価格が高騰。シェルが「価格決定者」に返り咲き、

 2010年の1・5倍以上の大儲けをして、さらに儲ける。

 愚かな日本人は、あれだけの大災害を経験しても、

「原油価格リンク」のバカ高い値段で天然ガスを輸入しています。

「市場価格」で買えば値段は5分の1になります。

 貿易赤字は、人災です。

 日本の政治家と官僚が「適正価格で買う」と言えば、

 赤字など影も形もなかったのです。

「地球温暖化詐欺」はオランダで始まり、

 愚かな日本人は完全に騙されました。

 1988年。チェルノブイリ原発事故で、

 原発建設が止まったとき、オランダの首相が、突然、

「CO2の排出を30%削減しないと、オランダは海に沈む」

 そう言い出した。

「地球温暖化」を世界で最初に言い出したマスコミはNHKです!

|

« 大災害と「戦争風評」で大儲けするロスチャイルド 唾棄!! | トップページ | 紙幣を印刷する権利とエネルギーの価格を決定する権利 ロスチャイルドが持っているのはこれだけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダと地球温暖化と原油価格 ヨーロッパの詐欺師は今も野放しだ:

« 大災害と「戦争風評」で大儲けするロスチャイルド 唾棄!! | トップページ | 紙幣を印刷する権利とエネルギーの価格を決定する権利 ロスチャイルドが持っているのはこれだけ »