« プロパガンダ映像 原発に戦闘機がぶつかっても大丈夫でい まじっすか!? | トップページ | 経済産業省前 »

2012年3月19日 (月)

最もでかい「原発のウソ」 「3・11」前、世界の原発需要は150基!?

<【北京=寺村暁人】中国政府が、原子力発電所による国内の発電容量(能力)を、2030年までに現在の15~20倍に増強する目標を立てていることが26日、明らかになった。

 中国の建設省が北京で開いたエネルギー戦略フォーラムの講演で、中国の電力関連学会の関係者が公表した。

 中国では現在、原発10基で800万キロ・ワットの発電能力がある。関係者によると、中国のエネルギー政策を担当する国家発展改革委員会が、これを2030年までに1億2000万~1億6000万キロ・ワットに増強する内部目標を設けているという。中国は2020年までに4000万キロ・ワットにする目標を公表していたが、これを大幅に加速させる。

 今後20年余りの間に100万キロ・ワット級原発を百数十基建設する計算で、実現すれば、世界最大の原発大国となる。中国が大量の原発建設の目標を立てたことで、原発燃料であるウランの国際的な争奪戦は一段と激しくなる恐れもある。

 中国は年間10%前後の高成長が続き、エネルギー消費の急拡大が今後も続くとみられる。現在主流の石炭火力発電による環境悪化も深刻化しているため、エネルギー供給に占める原子力の比重を高める必要があると判断したと見られる。

 中国は昨年、オーストラリア政府との間で軍事転用しないことを条件に、ウランの輸入で合意するなど活発な資源外交を展開。ウランの戦略備蓄も開始するなど、原発の大増設に備えて国を挙げてウラン資源の確保に乗り出している。

 ウランの指標価格を公表している米Uxコンサルティングによると、ウラン1ポンド(約454グラム)のスポット価格は5月21日現在125ドルとなっており、00年12月の7・1ドルから6年余りで約18倍に値上がりしている。中国の「原子力シフト」で、ウランの国際市況に一段の上昇圧力がかかる可能性も出てきた。>

 2007年5月26日の読売新聞の謎の記事。

 だって、これ「誰が原発100基を建設する」と言ったのか!?

 さっぱりわからない。名前も書いていない。

「原発の需要」そのものが、壮大なウソなのだ。

 国家の閣僚が、そんなことを言ったことは一度もない!

<いま世界では原子力発電所の受注残が約120基もある>

(大前研一『サピオ』2008年8月6日)

Images

 何を根拠に!?

「原発の需要」を語っているのは、原発メーカーだけなのだ。

東芝「2015年までに39基。1兆円」

Imagescaf5b3yq

 そんなもん、絶対にできないよ。

東芝の子会社WH「中国は稼動中の形で100基を持ちたいようだ」

 誰がそんなこと言ってんだよ!? ウソつけ!

 ウソをついたアリス・キャンドリスCEOは今年1月に解任された。

GE「インドで6基」

Imagesca8rmu5k

  しょぼい。しょぼいけど、これも無理。

 で、唾棄すべきプロパガンダをやっていたのが、ロスチャイルド。

アレヴァ「世界に150基の需要があり、3分の1を当社で」

Images_2

 ウソの発生源はフランスなのかも?

 この大ボラに対し、野村モーニングスターはこう書いた。

「アレヴァに投資価値がある」

 倒産寸前だよ!?

|

« プロパガンダ映像 原発に戦闘機がぶつかっても大丈夫でい まじっすか!? | トップページ | 経済産業省前 »

コメント

この記事を書いた読売新聞の寺村暁人が2014年1月8日に児童買春で逮捕されました。

投稿: | 2014年1月 9日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/44550660

この記事へのトラックバック一覧です: 最もでかい「原発のウソ」 「3・11」前、世界の原発需要は150基!?:

« プロパガンダ映像 原発に戦闘機がぶつかっても大丈夫でい まじっすか!? | トップページ | 経済産業省前 »