« 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! | トップページ | こんな愚かな人たち、見たことない! »

2012年2月27日 (月)

思想としての東京電力

 いろんな思想があった。

 アダム・スミスの市場主義。

 マルクスの共産主義。

 ケインズ主義。

 新自由主義。

 新保守主義。

 電力会社は何?

 地域独占とマスコミに2000億円だ。

 何主義?

 しいて言うなら、

 ウソをついてもわしは偉いんだ主義だ。

 こんな醜悪な思想が、近代国家にはびこった例はない。

 わが祖国、日本だけです!!

 それを認めるということは、独裁国家を認めるということ。

 今が分かれ目です!!

 日本はウクライナになるのか、普通の国になるのか!?

 日本人の思想が問われているんです。

 国家が破綻しても、デフォルトしても、

 国民が正気なら幸せに暮らしていけるんです!!

 デフォルトしてみろ!

 デフォルトしたアルゼンチンの人たちは幸せだし今、景気がいい。

 日本人が見捨てられていることを自覚して!

 誰も、この愚かな民を救ってはくれません。

 ドメスティックに独裁と闘うのが、今の日本人のミッションです! 

|

« 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! | トップページ | こんな愚かな人たち、見たことない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思想としての東京電力:

« 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! | トップページ | こんな愚かな人たち、見たことない! »