« 日立製作所は554・5万キロワットの火力電源を復旧 | トップページ | 発見 経済産業省→首相官邸発「節電」プロパガンダ文書 »

2012年2月15日 (水)

平成15年、火力発電競争入札制度は廃止されていた!!

③第三次電気事業制度改革(平成15年)
平成17 年4月の卸電力取引市場の整備により、一般電気事業者に対する電源建設を対
象としなくとも、価格競争力のある電源であれば、卸電力取引市場を通じて電気の供給が可
能となったことから、火力全面入札制度は廃止された。

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energy/denkiryoukin/005_03_02.pdf

 卸電力取引市場は震災後、東電が参加しないために、

 まったく機能していません。

 経済産業省は、自由競争を阻害しているんです!

 いまや、随意契約天国です!

 GEなど白人企業は、ここにつけ込んできたんです!

 そもそも、市場ができたから、競争入札を廃止する?

 資本主義の原則に反した政策でしょう?

 つまり、自由化、民活、構造改革などといって、

 結局は、東京電力の思う壺となっただけ!

 なぜなら、東京電力は「電気の作り手」ではなく、

 多くの大企業にとって「資材の買い手」だからです!

 ささやかな願い。

 少なくとも、東電は、競争入札を!

|

« 日立製作所は554・5万キロワットの火力電源を復旧 | トップページ | 発見 経済産業省→首相官邸発「節電」プロパガンダ文書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成15年、火力発電競争入札制度は廃止されていた!!:

« 日立製作所は554・5万キロワットの火力電源を復旧 | トップページ | 発見 経済産業省→首相官邸発「節電」プロパガンダ文書 »