« テキスト(物語)VS原子力 | トップページ | 世界最大の輸送機「アントノフ」の謎 »

2012年2月12日 (日)

松本純一! 臨界に「大規模」も「小規模」もない!!

 ふざけた説明。

 臨界とは、核分裂の連鎖反応がとどまることなく自己維持される状態。

 燃料は高熱を発します。

 原子炉プラントの教科書を読むと、複雑な数式が

 びっしりと書かれていて、こういう印象を素人に与えます。

「臨界は絶妙のハーモニー」

 そんなことはない!

 それを証明したのが、1999年9月のJCO臨界事故。

 人間を即死させるのに必要なのは、次の3つだけだった。

 ウランと水とタンク。

Jco_2

 水に一定量以上のウランが溶けると、原子炉と同じ状態になる。

 2号機のひとつの温度計の下で「一定量以上」が起きた。

 そう考えるのが合理的でしょう。

|

« テキスト(物語)VS原子力 | トップページ | 世界最大の輸送機「アントノフ」の謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本純一! 臨界に「大規模」も「小規模」もない!!:

« テキスト(物語)VS原子力 | トップページ | 世界最大の輸送機「アントノフ」の謎 »