« 船中八策? 坂本竜馬こそ、日本をダメにした大犯罪者だ!! | トップページ | 斑目春樹も日銀総裁も選挙で落とすことができない »

2012年2月18日 (土)

なぜ、日本人だけが騙され続けるのか?

<気象庁は1日、北日本から西日本の1月の平均気温が平年より1.2~0.5度低かったと発表した。2月も寒気が流れ込み、気温の低い状態が続く見通し。このため、沖縄を除き、冬(12~2月)の平均気温が平年を大きく下回り、「平成18年豪雪」に見舞われた05~06年冬以来6年ぶりに全国的な「寒冬」になる可能性が高まっている。

 気象庁によると、1月の平均気温は北日本(北海道、東北)が平年より1.2度低く、東日本(関東甲信、北陸、東海)でも0.9度、西日本(近畿、中国、四国、九州)も0.5度下回った。12月も平年に比べ北日本は1.1度、東日本が0.8度、西日本も0.6度低く、2カ月連続で低温となった。

 2月はシベリア上空からの寒気に加え、ベーリング海上空の寒気も流れ込む見通し。気象庁は8日ごろからの1週間の平均気温がかなり低くなるとして、北海道には「異常天候早期警戒情報」を出している。暖冬が続いた90年以降で、全国的な寒冬は05~06年冬の1回しかなく、今冬はここ20年でも有数の寒さとなっている。

 寒さの影響で野菜や果物の生育が滞り、価格が上昇している。農林水産省によると、東京都中央卸売市場では1月31日現在、平年比でダイコン152%、白菜136%、ホウレンソウ125%。卸売り大手の東京青果(東京都大田区)は「露地の葉物野菜が影響を受けている」と説明。同市場で働く仲卸業者の男性(58)は「イチゴの値段が上がっていて、特に九州産が入ってこない。注文への対応が難しい」と話した。【池田知広】

毎日新聞 2012年2月1日 19時32分(最終更新 2月2日 1時18分)>

 この記事とこのグラフです。

Photo

 つまり、プロパガンディストのデータは常に、

 震え上がっている国民に、

「それでも地球は温暖化している」

 そう言いたいがために仕組まれているのです。

 去年も「核の冬」と呼びたいほど寒かったけど、

 2月も半ばをすぎて、六本木で雹に襲われるとは思わなかった。

 アル・ゴアの言う温暖化の恐怖はすべてウソだった。

 しかし、九州の気温が1度下がると、台所直撃です。

 もうひとつ。ニュースとグラフ。2011年9月。

[東京 21日 ロイター] 財務省が発表した8月貿易統計速報によると、
貿易収支(原数値)は7753億円の赤字となった。
自動車などの供給体制回復で輸出が6カ月ぶりに増加したものの、原発稼働停止に伴う
石油や液化天然ガス(LNG)の輸入増と価格上昇で、3カ月ぶりの赤字に転落。
8月として過去最大の赤字、単月としてもことし5月以来の赤字幅で過去4番目の大きさとなった。

 これと、日米天然ガス価格差。

Photo_2

 アメリカ人に「被災地を援助したい」という気持ちがあれば、

 国内価格での緊急輸出は普通にできるでしょ?

|

« 船中八策? 坂本竜馬こそ、日本をダメにした大犯罪者だ!! | トップページ | 斑目春樹も日銀総裁も選挙で落とすことができない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、日本人だけが騙され続けるのか?:

« 船中八策? 坂本竜馬こそ、日本をダメにした大犯罪者だ!! | トップページ | 斑目春樹も日銀総裁も選挙で落とすことができない »