« 日本人よ! お前は何者? | トップページ | 「オイルショック」という名の詐欺 再び? »

2012年2月27日 (月)

カタール「ねずみ講」の唾棄すべき実態

<JBICは、2005年12月に、日本の金融機関21行、米国輸出入銀行などとともに、「カタールガス3」社との間で総額約40億ドル限度の融資契約に調印。(うちJBICは総額10億ドル限度のプロジェクトファイナンス)

本資金により、「カタールガス3」社は、ガス田開発と液化設備建設を進め、年産LNG780万トン、プロパン50万トン、ブタン35万トン、コンデンセート*2 1,900万バーレルを製造販売する計画。このうち、三井物産(株)はコンデンセートを日本向けに引き取り、日本のLNG需要急増時には、LNGの引取りも期待できます。>

http://www.jbic.go.jp/ja/report/jbic-today/2010/201101/index_04.html

 JBIC 国際協力銀行のお金って?

 全額政府出資。わしらの血税だ。

 ここでまず、お金を取られた。

 国民ひとりあたま約1000円!!

 全発電量の26%をカタールに依存する中部電力は、

「燃料費高騰」を理由に、一般家庭の電気代に、

 25億1940万円も上乗せした!!

 なぜか?

 100万BTUあたり3ドルで調達できるLNGに

 18ドルも支払う長期契約を結んでいるからだ。

 この契約は明らかに違法だ!!

|

« 日本人よ! お前は何者? | トップページ | 「オイルショック」という名の詐欺 再び? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタール「ねずみ講」の唾棄すべき実態:

« 日本人よ! お前は何者? | トップページ | 「オイルショック」という名の詐欺 再び? »