« 真冬の電力お化け屋敷 中部電力は世界最大最凶悪のねずみ講 | トップページ | 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! »

2012年2月27日 (月)

サハリンからなぜ、日本は1ワットのエネルギーも得ていないのでしょうか?

 サハリンでの石油、天然ガス開発プロジェクトが始まったのは、

 1972年です。当時のソ連が、投資者を募った。

 いわゆる「サハリン1」です。

 最大のスポンサーは、ロスチャイルド家でした。

 ロイヤル・ダッチ・シェルが最大の株主となり、

 三井グループと三菱グループが残りの株を買い、

「サハリン・エナジー社」が設立されます。

 日本から、最も近い石油、天然ガス事業です。

 しかし、北海道電力も東北電力も東京電力も、

 このプロジェクトには一枚もかんでいません。

 サハリン1プロジェクトは、日本のパイプライン建設を

 前提にしたものです。

 当時、天然ガスはビジネスとして成立すものかどうか、

 まったくわかりませんでした。

 天然ガスが大きな利益を生み出すのは、

 1990年代になってからです。

 サハリン1はなぜ、止まったままなのでしょうか?

 日本に石油パイプライン(天然ガスに転用可能)がないのはなぜ!?

 先進国、エネルギー大消費国では日本だけですよ。

 LNG(天然ガス)を凍らせ、タンカー、トレーラーで運ぶという、

 非効率的なことをやっているのは日本だけです!

 わしの素人推理ですが、

 東京電力がパイプライン計画を止めたんです。

 電力会社の地域独占を維持するためです。

 インフラ(パイプライン)が整備されると、

 エネルギー「市場」が生まれます。

 誰もが、インフラから燃料にアクセスできるようになるからです。

 天然ガスが効率が高い、となれば、あらゆる企業が天然ガスを買います。

 天然ガスの供給が上がれば、天然ガス価格は下がります。

 日本の10電力は「自由市場」誕生を阻止したんです。

 すべての発電量燃料価格を電力会社が決定できる。

 そんな資本主義に反したシステムを維持するためです。

 わしら、国民は、過去数十年に遡って、

 電気代の不正請求を告発し、

 代金返還請求ができます!!

 1000万人集団訴訟だ!!

|

« 真冬の電力お化け屋敷 中部電力は世界最大最凶悪のねずみ講 | トップページ | 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サハリンからなぜ、日本は1ワットのエネルギーも得ていないのでしょうか?:

« 真冬の電力お化け屋敷 中部電力は世界最大最凶悪のねずみ講 | トップページ | 背信ではない! 東京新聞よ! これは不正請求、犯罪だ、と書け!! »