« 三菱商事契約の加圧水型原発事故 美浜原発3号機 怒りを込めて振り返れ!! | トップページ | 女川原発でまたプールの冷却停止 このようなトラブルが過去何回あったか、誰も知らない »

2012年1月17日 (火)

三菱商事のお仕事 怒りを込めて振り返れ!

<「生身の人間のやる仕事じゃない。主人を返してちょうだい」
 うるま市の喜友名正さん=当時(53)=は、職安の紹介で原発の放射能漏れなどを検査する下請け企業(大阪府)に入社し、6年余で99・76ミリシーベルトというすさまじい放射線量を被ばく、2005年に悪性リンパ腫で亡くなった。妻の末子さん(56)は被ばくを伴う現場の仕事に反対し続けたが、正さんは家族のためだからと全国の原発を渡り歩いた。
 放射能漏れの疑いのある場所に真っ先に入っていく危険な仕事。正さんが帰沖するのは、放射線を浴びすぎているので仕事を休むよう会社から言われた時だ。だが休職中は補償もなく、正さんはすぐにまた働きに出た。「夫は被ばくの怖さを知らなかった。命を縮める仕事なのにどうして平気で採用したりしたの」
 末子さんは「だからあんなに止めたのに」と、夫に対しても腹が立って仕方がなかった。体調を崩したことを会社に伝えると、会社からは離職票が1通、送られてきた。
 労基署は末子さんの労災申請に「対象疾病ではない」と不支給を決定。厚労省は「本省が慎重に検討する事項」として決定見直しを含め協議中だ。
 正さんは入院中、夜、集中治療室のベッドに座って泣いていたことがあった。治療費を心配していた。末子さんは「労災なんだから、お金のことは心配しないで」と励ました。決定の見直し検討について末子さんは「当たり前だ」と思っている。
(大崎志保、社会部)>(琉球新報)

 喜友名さんは、加圧水型プラントを渡り歩いて亡くなりました。

Photo_9

|

« 三菱商事契約の加圧水型原発事故 美浜原発3号機 怒りを込めて振り返れ!! | トップページ | 女川原発でまたプールの冷却停止 このようなトラブルが過去何回あったか、誰も知らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/43780511

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱商事のお仕事 怒りを込めて振り返れ!:

« 三菱商事契約の加圧水型原発事故 美浜原発3号機 怒りを込めて振り返れ!! | トップページ | 女川原発でまたプールの冷却停止 このようなトラブルが過去何回あったか、誰も知らない »