« バンク・トランスファーは誰もが簡単に今すぐできる脱原発です!! | トップページ | 「きっこ」さんとかに言いたいのは、まず詫びることです! »

2011年12月 8日 (木)

長与千種選手をインタビューしにいったら、なぜか頭脳警察のパンタさんがいた

 道場に行ったら、パンタさんがいたのよ。

Photo_2

 おふたりとも初対面。

 パンタさんのいずまいから仕事臭はゼロ。

 びっくりするよね。

 頭脳警察の音は、中学のときに衝撃を受けて以来、

 悲しいとき、よく口ずさみます、今もわし。

 さよおならー、世界夫人よ!

 で、パンタさんが「どうぞ」って言うので、

 赤軍ロッカーが酒(お茶?)を飲み続けている脇で、

 クラッシュ・ギャルにインタビュー開始。

Photo_3

 至福、だったんだが、テープ起こしをして、唖然。

 長与選手って、タイトルになりそうな「かっこいい言葉」以外、

 ほとんど何も語っていなかった。

 心がこもってないのよ!

 その後、蝶野選手や武藤選手を取材して、わしは学んだ。

「今日はどっち? ビジネス? それとも」

 武藤選手は、「プロレスLOVE」ポーズを作って笑った。

Photo_4

 こんなおもろいジャンル、他にあるか!?

|

« バンク・トランスファーは誰もが簡単に今すぐできる脱原発です!! | トップページ | 「きっこ」さんとかに言いたいのは、まず詫びることです! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/43298193

この記事へのトラックバック一覧です: 長与千種選手をインタビューしにいったら、なぜか頭脳警察のパンタさんがいた:

« バンク・トランスファーは誰もが簡単に今すぐできる脱原発です!! | トップページ | 「きっこ」さんとかに言いたいのは、まず詫びることです! »