« 新橋 野田よしひこ現れず | トップページ | そもそも「民主主義」の統治システムに、わしらひとりひとりの理性や思考はない 支配層、政策決定者によって徹底的に無視され侮辱されている »

2011年12月19日 (月)

民主党の憲法違反? 最初にプラカードを掲げた人が消えた 表現の自由

 思いっきりブーイングをしてきましたが……。

 今日の街頭は、日本の政治を象徴している。

       レンホウ

     民主党の宣伝カー

     取材陣 取材陣

   取材陣 取材陣 取材陣

 取材陣 取材陣 取材陣 取材陣

市民 群衆 公衆 国民 多数派 反対派

通行人 野次馬 右翼 左翼 労働者 遊び人

「インテリジェント・ヒュー」(知的な少数者)=民主党国会議員を

「インテリジェント・ヒュー」の一員、マスコミがガードしている。

 守り抜く。本当のことを言う人の怒りを

 マスコミのウソが防波堤となって「見えないもの」にしている。

 マスコミは今や「職業隠蔽屋」ですな。

Photo

 野田佳彦が演説をしていたとしても、

 音声に細工をして、群衆の怒号は消されていたかも。

 あ、今、『報道ステーション』が隠蔽の証拠、

 権力用音声、群集用音声が二系統存在することを、

 かなりはっきり示してくれたぞ!

 この唾棄すべきシステム、「マスコミ防護隊」が、

 とんでもない政治決定連発の舞台装置だ。

 群衆のそこここには、スーツ姿でコートも着ていない、

「野田佳彦親衛隊」が配置されていて、

 野次を飛ばす人を押さえている。

 触っているんだから、法律違反寸前だ。

 最初に持ち込まれたプラカードは消えた。

Photo_2

 これです。彼は何をされたのか?

 ネットには、「警察に連れて行かれた」の記述が複数。

 言論の自由を奪ったのは誰だ!?

 いずれにせよ、野田はもう、民主的な街頭演説はできない。

 資本主義国家、「資本=ステート」の終わり。

 まやかしのプロパガンダ民主主義国家の終わりだ。

|

« 新橋 野田よしひこ現れず | トップページ | そもそも「民主主義」の統治システムに、わしらひとりひとりの理性や思考はない 支配層、政策決定者によって徹底的に無視され侮辱されている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の憲法違反? 最初にプラカードを掲げた人が消えた 表現の自由:

« 新橋 野田よしひこ現れず | トップページ | そもそも「民主主義」の統治システムに、わしらひとりひとりの理性や思考はない 支配層、政策決定者によって徹底的に無視され侮辱されている »