« プロパガンダ崩壊! モスクワ・イズ・バーニング! 抗議は世界規模へ! | トップページ | プロパガンダの証拠は国会図書館にたくさんある たとえば「事故の風化」 »

2011年12月10日 (土)

唾棄すべきプロパガンディスト、長瀧重信とグーグルの情報操作

http://twitter.com/#!/search/%E9%95%B7%E7%80%A7%E9%87%8D%E4%BF%A1

 ツイッターでは、プロパガンダ批判がこれだけある。

 ところが、グーグル検索だと……。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADRA_jaJP404JP405&q=%e9%95%b7%e7%80%a7%e9%87%8d%e4%bf%a1

 こうなります。

 グーグルが「リアルタイム」を削除したのは、

 契約の問題ではありません。

 世論操作、合意の製造、社会工学にとって、

 ツイッターが、最大の障害だからです。

 本当のことを知りたければ、

「ツイッター サーチ」でグーグル検索をして、

 2番目に出てくる英語のサイトを開いて、

「原発」「ロシア」などと書き込んで検索しましょう!

 グーグルが3月から何をやってきたか、

 誰か本に書いてくれないでしょうか?

 わしは、明らかな「世論の製造」があったと思います。

|

« プロパガンダ崩壊! モスクワ・イズ・バーニング! 抗議は世界規模へ! | トップページ | プロパガンダの証拠は国会図書館にたくさんある たとえば「事故の風化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唾棄すべきプロパガンディスト、長瀧重信とグーグルの情報操作:

« プロパガンダ崩壊! モスクワ・イズ・バーニング! 抗議は世界規模へ! | トップページ | プロパガンダの証拠は国会図書館にたくさんある たとえば「事故の風化」 »