« 東電との契約を解除した城南信用金庫に口座を! | トップページ | 不動産業者の皆さん 「電気が選べるマンション」というキャッチコピーはどうですか? »

2011年12月 3日 (土)

酒がうまくなるグッドニュースもあるじゃん! 吉原毅さん、ありがとう!

 「脱原発」を掲げている城南信用金庫(東京)が2日、本店など大半の店舗で来年1月以降、東京電力から電力を買うのをやめると発表した。天然ガスなどを中心に発電する別の事業者から電気を買う。「東電の負担が減れば、(東電も)原発なしで電力供給できるようになる」と、取引先などにも「脱東電」を呼びかける。

 電力会社でなくても電力を販売できる特定規模電気事業者(PPS)から買う。城南信金が契約したのは、NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスが出資するPPS「エネット」。自前の火力発電所や風力発電所で作った電力を中心に供給している。

 85店舗のうち、自前で保有する店舗を中心に77店舗で切り替える。昨年度と同じ量の電力を使った場合、切り替える電力量は一般家庭の約2千軒分にあたる。電気料金は従来より5.5%安くなるという。

 コスト削減のために電力購入をPPSに切り替える企業や自治体は増えつつあるが、「脱原発」目的の切り替えは珍しい。吉原毅理事長は「多くの企業がPPSに切り替えれば、東電は原発を止めても電力を供給できる。取引先などに呼びかけてPPSの利用を広げたい」と話している。(アサヒ・コムより)

Photo_2

 吉原毅さん。

|

« 東電との契約を解除した城南信用金庫に口座を! | トップページ | 不動産業者の皆さん 「電気が選べるマンション」というキャッチコピーはどうですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/43233981

この記事へのトラックバック一覧です: 酒がうまくなるグッドニュースもあるじゃん! 吉原毅さん、ありがとう!:

« 東電との契約を解除した城南信用金庫に口座を! | トップページ | 不動産業者の皆さん 「電気が選べるマンション」というキャッチコピーはどうですか? »