« マスコミではなく「マスゴミ」って皆さん書いていますよね 100%正しい | トップページ | ついに「三里塚化」 「ここは山小屋」論にも説得力ないけど »

2011年11月13日 (日)

民主主義社会と大衆と「マスゴミ」

 1890年代、パリ・コミューンや労働争議の頻発を見て、

 フランスのギュスターヴ・ル・ボンはこう言います。

群衆心理 (講談社学術文庫) Book 群衆心理 (講談社学術文庫)

著者:ギュスターヴ・ル・ボン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 群衆とは討論をするな!

 アメリカの進歩的ジャーナリストだった、

 ウォルター・リップマンはこう言います。

世論〈上〉 (岩波文庫) Book 世論〈上〉 (岩波文庫)

著者:W.リップマン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 群衆は「とまどえる群れ」である。

「とまどえる群れ」を政策決定に参加させてはいけない。

「とまどえる群れ」の政治的役割は、

「観客」であることだ。

 選挙権だけ与えるが、行動に参加してはいけない。

 2011年「3・11」は、まさにそのことを暴き出した。

 民主主義社会とは、ごく少数の支配層が、

 人口の大多数を「バカだ」と断定すること。

 さらには、バカな人口の大多数は、

 メディアによってコントロールすることができる。

 ル・ボンもリップマンもこう書いている。

 世論、群衆との合意は「捏造」「でっちあげ」でいい。

 それができなくなったのが今の日本社会。

 小出裕章助教が本当のことを言って、

 メディアは、それを否定できなくなった。

 わしも「3号機の使用済み核燃料プールはない」と書いているとき、

 こりゃ、クレームの嵐だろう、と思っていた。

 クレームはひとつもない。

「マスゴミ」は土俵際まで追い詰められているのです。

「お前ら、ウソを言い続けてきただろ!」

 という大衆の声に「違う」と言えなくなっているんです。

 実際、違わないし、ウソを言い続けてきたんだから。

 わしはまず、「マスゴミ」を土俵下まで吹っ飛ばすために書きます。

 でも、仕事は終わりじゃないよね。

 次は、「法人」という実在しないものが、

 人間と同じ権利を与えられ、

 人間を殺してきた歴史を書きます。

 そのためにはまず、ひとつひとつ、勝たないとね。

原発の深い闇 (別冊宝島) (別冊宝島 1796 ノンフィクション) Book 原発の深い闇 (別冊宝島) (別冊宝島 1796 ノンフィクション)

販売元:宝島社
発売日:2011/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この本を読んでください!

|

« マスコミではなく「マスゴミ」って皆さん書いていますよね 100%正しい | トップページ | ついに「三里塚化」 「ここは山小屋」論にも説得力ないけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/42989057

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義社会と大衆と「マスゴミ」:

« マスコミではなく「マスゴミ」って皆さん書いていますよね 100%正しい | トップページ | ついに「三里塚化」 「ここは山小屋」論にも説得力ないけど »