« 関東大震災後の虐殺事件と正力松太郎 読売新聞の闇 | トップページ | 「アーモンド51」さん、コメントありがとう! »

2011年11月 8日 (火)

「ギリシャ人は昼寝する」プロパガンダ 悪質なのは右翼の宣伝ではなく、左翼、リベラルの世論操作です!

 ウォルター・リップマンという進歩的ジャーナリストがいました。

世論〈上〉 (岩波文庫) Book 世論〈上〉 (岩波文庫)

著者:W.リップマン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 1920年のこの本は、いわば、ジャーナリズムの教科書です。

 リップマンは、企業の巨大化、企業の完全自由主義、企業の人民支配、

 などに警笛を鳴らし、社会変革を唱えました。

 自身もアメリカ社会党に入党したバリバリの左翼です。

 しかし、マスメディアが台頭し、情報を自ら探し、自分の頭で考える

「大衆」が現れると、考え方を180度変えてしまいます。

 大衆は感情でしか動かない衆愚であり、

 民主主義を大衆が決定し、動かしてはならない!

 そう考えるようになるんですな。

 政治決定を行うのは「知的な少数者」であり、

 大衆は民主主義社会の「観客」であるべきだ、と。

 選挙における一票は与えるが、

 組織化された大衆が政治決定に加わることは危険だ、と。

 ギリシャの国民投票は潰されました。

 日本で「ギリシャ人は自分の生き方を自分で決めるな」

 そう強く主張したのは誰?

 朝日新聞ですよ!!

 リベラル陣営です。

『報道ステーション』でギリシャがダメなのは、

「それがギリシャだからです」

 そう言ったのは朝日新聞の馬鹿野郎ですよね。

 リップマンのとんでもない差別意識を今も受け継いでいるのは、

 朝日新聞の「進歩的」とか言われている馬鹿です。

220pxwalter_lippmann_1914

 ウォルター・リップマン。

Photo

 五十嵐浩司朝日新聞論説委員。

 こういう連中は、わしらをなめくさっているわけですよ。

 で、「ギリシャ人は昼寝をする」プロパガンダですよ。

 昼寝をする奴らが世界経済の命運を握っているなんて、

 信じらんなーい?

 お前の神経が信じられないよ!!

 自分が「知的な少数者」支配者層だと思っているから、

 そんなひどい言いがかり、差別、侮辱ができるんだよ。

 財界から金をもらって。

 貧乏人は自分の生き方を自分で決める!!

|

« 関東大震災後の虐殺事件と正力松太郎 読売新聞の闇 | トップページ | 「アーモンド51」さん、コメントありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/42921037

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギリシャ人は昼寝する」プロパガンダ 悪質なのは右翼の宣伝ではなく、左翼、リベラルの世論操作です!:

« 関東大震災後の虐殺事件と正力松太郎 読売新聞の闇 | トップページ | 「アーモンド51」さん、コメントありがとう! »