« 秋華賞で10万円! | トップページ | 奴隷マスコミとプロパガンダ 「東京を占拠せよ!」という声を「消せ!」 »

2011年10月15日 (土)

奴隷マスコミとプロパガンダ 史上初、小出裕章先生のプロパガンダ破り

 ネットの世論操作については、

http://www.j-cast.com/2006/08/10002482.html?p=all

http://belier.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_8b7c.html

 面倒な世の中。

 わしは今のネットに対するいかなる法的規制にも絶対反対だ。

 しかし、現状では、金を持っているやつが世論を作る。

 原発作業員が急性白血病で死んだとき、グーグル検索上位に、

「事故修復作業と急性白血病は因果関係なし」

 とするブログがずうっと居座っていた。

 このプロパガンダを打ち消すことはほぼ不可能だろう。

 攻撃しようにもこちらにデータは何もない。

 プロパガンダ側にもデータなどないのだが、

 金を持っている!

 無報酬対時給2000円の闘い?

 余暇対フルタイム労働の闘い?

 しかも、プロパガンダ側には、検索上位を買う広告代理店がついているのだ。

 ネットを情報源にするためには、

「これは情報? それとも、プロパガンダ?」

 それを見分けなければならない。

 面倒だなあ。

 しかし、2011年6月中旬あたりから、

 世界が大きく変わったことだけは確か。

原発のウソ (扶桑社新書) Book 原発のウソ (扶桑社新書)

著者:小出 裕章
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 プロパガンダ側は、これを「一説」に貶めなければならなかった。

 57年間、プロパガンダ側はそれにずうっと成功してきた。

 テレビ、新聞が小出先生を攻撃する。

 科学的に正しくても、なんとしてもマスコミは小出先生を攻撃する。

 身元を調べ上げ、尾行をし、人格攻撃をしてでも潰す。

 小出先生は勝ちましたよね。

 これは史上初の快挙だとわしは思います。

 結果、この国はどうなったか?

「原発がすべて停止しても停電は起こらない」

 この小出さんの主張が、すでに「世論」となっているのに、テレビは、

「節電の夏が来る!」

 こねーよ!!

 革命、マトリックス・レボルーションは現実のものとなった。

 テレビ、新聞がプロパガンダを発動したら、どんどん電話しましょう!

 新聞、雑誌は図書館に寄って読みましょう!

 金の流れが細ることを、プロパガンダ側が最も恐れているからです。

|

« 秋華賞で10万円! | トップページ | 奴隷マスコミとプロパガンダ 「東京を占拠せよ!」という声を「消せ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奴隷マスコミとプロパガンダ 史上初、小出裕章先生のプロパガンダ破り:

« 秋華賞で10万円! | トップページ | 奴隷マスコミとプロパガンダ 「東京を占拠せよ!」という声を「消せ!」 »