« ノーベル賞作家のデモは当然、逮捕者ゼロだ! | トップページ | ローソン? 麒麟ビール? 三菱グループ不買運動は大変だ! »

2011年9月20日 (火)

ドイツのシーメンス 原子力事業から完全撤退

 日本では大きなニュースになりませんが、

 原発は最大のスポンサーを失ったことになります。

 シーメンス・グループの売上は2006年、約14兆円!!

 東芝グループの倍以上です。

 ロスチャイルド系企業、アレバの株30%強を所有。

 福島の事故直後に株を売却しています。

 ロシアの原発産業もシーメンスの金をあてにしていましたが、提携解消。

 福島の事故の前、アレバは倒産寸前の企業でした。

 シーメンスが逃げ出し、三菱グループが支えるしかなくなりました。

 事故直後に、アレバの社長が飛んできて、

 欠陥だらけの水処理システムを請け負ったのはそんな流れの中の出来事です。

Images

 ロベルジョン社長。

 本来、GE、東芝、日立がやるべき仕事。

「日本はひとつのチームなんです」の精神で東芝・日立連合でやれば、

 もっとましなシステムができていた、とわしは思います。 

 これは、ロスチャイルド家がまだ、

 原子力をあきらめていない!

 というメッセージでもあります。

 ロックフェラーセンターに本社があるGEもまだ、あきらめていない!

『産経新聞』などで異常な言説が撒き散らされるのもそのせいです。

 雑誌もロスチャイルド家、ロックフェラー一族からにらまれれば、即廃刊です。

 自動車の広告を引き上げるぞ!

 この脅しに抵抗できる出版社は皆無でしょ?

 日本の政治家はどうか?

 田中角栄の悲惨な末路をみれば、全員が従います。

 アレバへの日本人の金の流れが断ち切れたら、世界は変わるんじゃないか?

 三菱東京UFJ銀行のお金を下ろしましょう!

|

« ノーベル賞作家のデモは当然、逮捕者ゼロだ! | トップページ | ローソン? 麒麟ビール? 三菱グループ不買運動は大変だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのシーメンス 原子力事業から完全撤退:

« ノーベル賞作家のデモは当然、逮捕者ゼロだ! | トップページ | ローソン? 麒麟ビール? 三菱グループ不買運動は大変だ! »