« 競馬予想です | トップページ | さよなら原発! »

2011年9月19日 (月)

福島第一原発1号機を隠蔽するためだけに日本政府は働いてきた

201109172755851n

 少なくとも、わしが死ぬまで、1号機の欠陥は隠されたままなのでしょう!

 これを読んでくれている人が、ティーンエイジャーであっても、

 おそらく、死ぬまで画像は公開されません。

 ゼネラル・エレクトリック社製のこの原子炉は、

 1973年8月に「5~25%」の出力制限を米原子力委員会から命令された。

 にもかかわらず、福島の「ダッシュ村」がある風光明媚な地で、

 38年間も核分裂を続けたのです!!

 フル稼働すると、燃料が収縮し、計算どおりの核分裂から逸脱する原子炉です!

 だから、地震発生から30時間もたたずに建屋が爆発したんです!

 何が起きたのか?

 知らされるのは、写真ではなく、図面です。

 おそらく、永久に。

 スリーマイル島原発の原子炉内部の動画、写真を見たことがありますか?

 30年以上がすぎても隠蔽されたままです。

 あるのは、「こんな風に燃料が溶けた」という図面だけ。

 空しさの中、明治公園で、脱原発集会が開催されます。

 今日の13時!

 行きましょう!

 声をあげましょう!

|

« 競馬予想です | トップページ | さよなら原発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発1号機を隠蔽するためだけに日本政府は働いてきた:

« 競馬予想です | トップページ | さよなら原発! »