« 刑務所に入るべき人動画リスト | トップページ | 自分が書いた本を「読み飛ばしていた」斑目春樹 どう論評したらいいんでしょう!? »

2011年8月12日 (金)

犬とテレビ

「3・11」以降、テレビは何をやってきたんだ!?

 そういう話を編集者としました。

 原発事故直後、わしが思ったのは、

「テレビが英雄を捏造するぞ」

 しかし、ことごとく失敗しましたよね。

<FUKUSHIMA50>失敗。

 実在しませんから、すぐに「原発の幽霊」になりました。

 3号機に放水をした東京都のハイパーレスキュー隊。

Images

 これも失敗。

 記者会見を大々的に報じましたが、直後に溜まり水での重大な被爆事故が起きた。

 水をかけても無駄。

 いや、水そのものが人間を殺す。

 誰でもそう思うようになり、「英雄捏造」は失敗です。

 この頃のわしのブログを見てください。

「現場で闘っている人たちの士気をくじくことを書くな」

 実際、「レベル7」を警告していた人たちの書き込みは、そんなコメントで封殺されかけます。

「がんばれ、東京電力」としか書くな、ということです。

 米軍の「トモダチ作戦」は典型的な「原発の幽霊」です。

 船で近づいてアメリカ兵がちょっと被爆しただけで引き上げていきました。

 横須賀から就航した「バージ船」は今、どこを漂流しているのかさっぱりわかりません。

Images_2

 となると、テレビが英雄にしなきゃいけないのが自衛隊ですが……。

 3月12日の時点で、現地で待機していた自衛隊の司令官が激怒したようなんですな。

「こんな体制で部下の命は守れない」

 原発事故における自衛隊の動きを誰か是非、書いてください!

 静岡から出動した自衛隊の戦車は、学校の校庭などに駐車したあと、引き返してしまったようです。

1103212

 映画『ゴジラ』で育ったわしの中で、伊福部昭の「自衛隊のマーチ」が鳴り響いたんだがなあ。

 その後、吉田所長が出てくるまで、福島第一原発の英雄は一人も出てこなくなった。

 吉田所長を持ち上げた人たちは今、何も書かなくなり、これも失敗。

Images_3

 じゃあさ、視聴率を稼げるのは、動物とグルメだよ。

Imagescamafmgs

 牛を見送る福島の人たちを見て、わしも泣きましたが、

 悲惨すぎます! 観ていられない!

 牛の死体を放送禁止にして特番を作ってもこれなんだから、

 本当のことをテレビは放映できない!!

 福島の放たれた犬たちについても、悲惨すぎて放送禁止になったんでしょう。

Images_4

 そういう話をして、家に帰ったら、「犬と戦争」の日テレのスペシャル・ドラマ。

 出てくる犬は全部かわいいし、毛がふっさふさ!

 なんで、老いた犬、病気の犬が一匹もいないの!?

 湘南動物プロダクション大活躍!

 騙されちゃいけません!!

|

« 刑務所に入るべき人動画リスト | トップページ | 自分が書いた本を「読み飛ばしていた」斑目春樹 どう論評したらいいんでしょう!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/41186268

この記事へのトラックバック一覧です: 犬とテレビ:

« 刑務所に入るべき人動画リスト | トップページ | 自分が書いた本を「読み飛ばしていた」斑目春樹 どう論評したらいいんでしょう!? »