« めまい 日本原子力学会 今後、誰も取材に応じてくれないんでしょう | トップページ | 競馬予想です »

2011年8月20日 (土)

日本はもう国家ではありません! 原発交付金増額

 これ、政権交代がおき、民主党政権になってから決めたことだよ。

http://ogasawara.cocolog-nifty.com/ogasawara_blog/2011/08/post-9c49.html

 菅直人が「脱原発依存」で、政権が「原発を作ったらもっと金をやる」「稼働率を上げたらもっと金をやる」と決めた?

 クソです。ゴミです。

 つまり、日本は真っ二つなのです。

 原発のことを心配している人は、たくさんいる、と思います。

 わしの試算。

 6000万人が「原発は心配」と思っている。

 しかし、1000万人が

「うちの会社は原発なしでは存続できない」

「おとうちゃんは必死で働いているのに、仕事を奪うんですか」

「え? 三菱グループも脱原発でこんだけの損害になるの?」

 とか思っているわけです。

 わしが「原発は詐欺ビジネス」と何度書いても、原発が止まると、現金収入を失う人がものすごい数出て来ます。

 電力会社に製品を納入して、それが利益、従業員の給料の根幹をなしている会社が、この国には、反吐が出るほど、いっぱいある!

 脱原発デモに行きましょう!

 しかし、「原発はいらない!」と叫ぶことは、「敵」ではなく、「自分の同じような人」に、ある意味、「死ね!」と言っていることだ、とわしは思います。

 思想や感覚は違わない、とわしは思います。

 理屈では、脱原発。

 これはコンセンサスを持ったと思います。

 じゃあ、推進派に対し、「死ね!」って言えるのか?

 言葉です。

 わしも書きます。

 話し合わなきゃいけません。

|

« めまい 日本原子力学会 今後、誰も取材に応じてくれないんでしょう | トップページ | 競馬予想です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/41284840

この記事へのトラックバック一覧です: 日本はもう国家ではありません! 原発交付金増額:

« めまい 日本原子力学会 今後、誰も取材に応じてくれないんでしょう | トップページ | 競馬予想です »