« 世論操作の黒幕 土日出勤のアイデアを出したのは、カルロス・ゴーン? | トップページ | ラジオNIKKEI賞 予想です »

2011年7月 2日 (土)

経団連の真の狙いは「節電プロパガンダで日立製作所を守れ!」

 経団連副会長には、この3人がいます。

Photo

 川村隆日立製作所会長。

Imagescaug3ipl

 佃和夫三菱重工会長。

Imagescagbaf0i

 西田厚聰東芝会長。

 原発プラントメーカー揃い踏み。

 西田会長はパソコンを作ってきた人ですが、

 川村会長、佃会長はともに東大工学部出身。

 ともに「電力畑」でのし上がってきた企業トップ。

 川村会長は、1962年入社。

 まさに「国産原発の父」ですよ!

 2009年。日立製作所は史上最悪の決算を発表します。

 最終赤字8000億円弱!

 このとき、びっくり仰天人事で本社に呼び戻されたのが、68歳の川村隆日立プラントテクノロジー社長。

「日立製作所は原発でめしを喰う」

 そう宣言したわけですな。

 日立製作所は、最低最悪の方法で苦境を脱しようとします。

Imagesca50gtj2

 ゼネラル・エレクトリックのジャック・ウェルチが、

 世界中を地獄に変えた「選択と集中」。

 日立製作所は、7000人の首を切ります。

「社会インフラを選択し集中する」

 つまり、原発輸出ビジネスです。

 しかし、30年ぶりにアメリカで建設される原発2基は東芝にかっさらわれた。

 受注ゼロ。

 そんな状況で、福島第一原発に津波が襲いかかったのです。

 東京電力は守り切れない。

 しかし、川村隆副会長はなんとしても守らねば!

 経団連は必死なんです。

 日立が作った欠陥プラント。

Dst11061122430056p1 

|

« 世論操作の黒幕 土日出勤のアイデアを出したのは、カルロス・ゴーン? | トップページ | ラジオNIKKEI賞 予想です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/40643631

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連の真の狙いは「節電プロパガンダで日立製作所を守れ!」:

« 世論操作の黒幕 土日出勤のアイデアを出したのは、カルロス・ゴーン? | トップページ | ラジオNIKKEI賞 予想です »