« 菅直人は、ロックフェラー・ロスチャイルド連合に逆らえるのか!? | トップページ | スイスでも原発の是非を問う国民投票が行われ、原発の廃炉が決まりました ロスチャイルド家はどうする? »

2011年7月21日 (木)

80年続いたサギが暴かれようとしています しかし、テレビが絶対に口にしないのが、東芝、日立製作所、三菱重工です

 テレビは言わないが、一番大切なことは、

 電力会社は「売り手」ではなく「買い手」だということです。

 この国の企業にとって、電力会社は、

「こちらの言い値で買ってくれる唯一無比の存在」

 だから、経団連の副会長には常に電力会社のトップがいた。

 経団連の地方組織の会長は、常に10電力のトップが就いてきました。

 このサギがいつから始まったのか、調べてみると、

 昭和4年!!

 1929年!!

 当時の逓信省の官僚が書いて、自由競争をしていた電力会社にお伺いをたてた文書に、「地域独占」と「適正な価格」がセットで登場します。

 それまでは、当然、電力会社も熾烈な価格競争、コスト競争を闘っていました。

 その闘いが、ほぼ9社に集約されたのが昭和4年です。

 82年も続いたサギの始まりです。

 日本の資本主義は82年間、資本主義ではなかったということです。

 2011年の破局は、1960年代に準備されます。

 東京電力は、「なんでも言い値で買う旦那」であるだけならまだしも、

 アメリカのGEから欠陥商品を法外な値段で買った。

 GEは、エジソンが起こした企業です。

 エジソンがサギ師だったように、この商談もインチキです。

 原子力発電が、史上初めて成功したのは、1954年(ソ連)だと言われていますが、

 GEは1961年まで一度も電気を生み出せなかった!

 失敗に次ぐ失敗の歴史ですよ。

 原子力船の建造に至っては、計画を大々的にぶち上げながら、一度も成功していない。

 アントニオ猪木の永久機関みたいなもん。

 2011年3月12日。

 地震の25時間後にGE社の原発が爆発。

|

« 菅直人は、ロックフェラー・ロスチャイルド連合に逆らえるのか!? | トップページ | スイスでも原発の是非を問う国民投票が行われ、原発の廃炉が決まりました ロスチャイルド家はどうする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/40905696

この記事へのトラックバック一覧です: 80年続いたサギが暴かれようとしています しかし、テレビが絶対に口にしないのが、東芝、日立製作所、三菱重工です:

« 菅直人は、ロックフェラー・ロスチャイルド連合に逆らえるのか!? | トップページ | スイスでも原発の是非を問う国民投票が行われ、原発の廃炉が決まりました ロスチャイルド家はどうする? »