« 「八百長国家」日本で「選択と集中」をやったらどうなるか!?  | トップページ | 菅直人よ! 原発の金は一度喰ったらやめられない 国際サギ団の頭目の一人だったんだから、アル・ゴア一派から足抜けできない どうするつもりなんだ!? »

2011年7月20日 (水)

詐欺師、アル・ゴア一派は、やっぱりまだ、あきらめていない!

 アメリカは、地球規模のサギから手を引けないんです。

 このサギは、2001年、ブッシュ政権が、エンロン、ゼネラル・エレトリック、ゼネラル・ダイナミックスの関係者、株主で占拠されたことに端を発します。

 ブッシュ大統領は、唐突に「新エネルギー戦略」を発表。原発の新設促進に税金を遣う、と言い出します。

 しかし、投資家もウォール街も反応しない。そこで、駆り出されたのが、

 詐欺師の頭目、アル・ゴア。

 ゴアはブッシュの仇敵では?

 原発は、アメリカ大統領選も、2大政党制民主主義も八百長だったことをあぶり出します。

 だから、「3・11」直後、ゴアの盟友、ヒラリー・クリントンが日本に飛んできます。

 このとき、同行したのが米商工会議所会頭です。

 ヒラリーは、ゼネラル・エレクトリック社製の原子炉が欠陥商品であることを知っているのです。

 菅直人は「GEは補償しなくていい。悪いのは日本人です」とヒラリーに言ったのだろうか?

「脱原発」と「個人的」に言い出した菅直人の運命や、いかに!?

|

« 「八百長国家」日本で「選択と集中」をやったらどうなるか!?  | トップページ | 菅直人よ! 原発の金は一度喰ったらやめられない 国際サギ団の頭目の一人だったんだから、アル・ゴア一派から足抜けできない どうするつもりなんだ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺師、アル・ゴア一派は、やっぱりまだ、あきらめていない!:

« 「八百長国家」日本で「選択と集中」をやったらどうなるか!?  | トップページ | 菅直人よ! 原発の金は一度喰ったらやめられない 国際サギ団の頭目の一人だったんだから、アル・ゴア一派から足抜けできない どうするつもりなんだ!? »