« 「シュナイダー」さん、ブログを読んでコメントしてください! | トップページ | 『NHKスペシャル』に重大な疑義あり! 使用済み核燃料プールを下に描き直したCGが使われています! »

2011年6月 5日 (日)

県、高放射能データ公表せず 3月、福島市などで検出

2011年6月5日

 東京電力福島第一原子力発電所で最初に水素爆発があった3日後、原発から約50キロ離れた福島市内の雑草から、1キログラム当たり100万ベクレルを超える高い放射能が検出されていたことが分かった。福島県は政府に連絡したが、公表されたのは、翌日に別の場所で測った6千分の1ほど低いデータだけだった。県は「意図的に公表しなかったわけではない」としている。

 県は3月15~16日に第一原発から福島市までの国道沿いや、福島市の県原子力センター福島支所など5地点で、雑草や水道水(上水)、雨水を採取し、放射能を測った。

 その結果、5地点から採った計七つの試料のうち、ヨウ素が10万ベクレルを超えたのは五つに上った。川俣町の国道114号と349号の交差点付近の雑草からは、放射性ヨウ素が1キロ当たり123万ベクレル、放射性セシウムが10万9千ベクレル。福島市の国道114号付近の雑草からはヨウ素が119万ベクレル、セシウムが16万9千ベクレル検出された。

 しかし、県が当時公表したのは、同支所の水道水から出た放射性ヨウ素の177ベクレル、放射性セシウムの33ベクレルだけだった。公表を限定した理由について、県は「数値の高低ではなく、直接体内に入る可能性があるため、上水を優先した。それ以外は政府で発表すると思っていた」としている。

 政府の現地対策本部によると、測定結果は、県から報告を受けた同本部がファクスで経済産業省の原子力安全・保安院に連絡している。3月16日以降の周辺モニタリング結果は、文部科学省が一括して発表する段取りだった。このため、15~16日のデータの発表を県と文部科学省のどちらがするのか、あいまいになっていた可能性があるという。

(アサヒ・コム)

 日本はもう、国家の体をなしていません。

 線量データは低く改ざんされています。

 提出されてないデータはこれだけあります。

 中性子線量。

 核種検出の「スペクトル」データ。

 敷地内、海中のウランの量。

 これらは、隠蔽されたままです。

|

« 「シュナイダー」さん、ブログを読んでコメントしてください! | トップページ | 『NHKスペシャル』に重大な疑義あり! 使用済み核燃料プールを下に描き直したCGが使われています! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 「シュナイダー」さん、ブログを読んでコメントしてください! | トップページ | 『NHKスペシャル』に重大な疑義あり! 使用済み核燃料プールを下に描き直したCGが使われています! »