« 今、ETV特集に出てきたのが、東京電力が隠蔽している「スペクトル」のデータです | トップページ | 破局は「人間の業」によって引き起こされた しかし、ETV特集は本質を伝えていません »

2011年6月 5日 (日)

ETV特集「ウメザオ」 「科学は人間の業」 わしも思い知らされた

 原子炉プラントに関する教科書を読んでいて、わしも思い知らされました。

 原子力発電とは、単に「お湯を沸かすこと」なんですが、「臨界」をコントロールすることは、一種、芸術にも似た「絶妙のバランス」なんです。

 無数の数式。燃料集合体の中の燃料棒の配置。燃料ペレットのウランの割合。

 これは、一種の「交響楽」のようなもので、「1・04」といった「臨界」--暴走しないエネルギーを制御しハーモニーを維持すること--これは「指揮者」のようなのもで、科学者は脳内に快楽物質がどんどこ放出されているんだ、とわしは想像しました。

 脳内麻薬中毒者は、それをやめらないんです。

 燃料集合体をコントロールすることに夢中で、それを収めている圧力容器の底が「ざる」であることなど、気にしない。

019

 使用済み核燃料プールの危険性については、何も考えない。

37182

 考えても楽しくない。

 脳内麻薬が出てこない。

 人間の業です。

|

« 今、ETV特集に出てきたのが、東京電力が隠蔽している「スペクトル」のデータです | トップページ | 破局は「人間の業」によって引き起こされた しかし、ETV特集は本質を伝えていません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/40279125

この記事へのトラックバック一覧です: ETV特集「ウメザオ」 「科学は人間の業」 わしも思い知らされた:

« 今、ETV特集に出てきたのが、東京電力が隠蔽している「スペクトル」のデータです | トップページ | 破局は「人間の業」によって引き起こされた しかし、ETV特集は本質を伝えていません »