« 日本のマスコミは死にました | トップページ | 東電会見「合同隠蔽会議」のからくり »

2011年5月31日 (火)

切通理作さん コメントありがとう! 私が今、調べているのは、『サピオ』『WILL』などの雑誌が、一体、誰の金で作られているのか、ということです

 地震が起きたときに、『週刊現代』にこの記事広告が掲載されていたことに、わしは衝撃を受けました。

110313_120001

 わしは電力会社からお金をもらっていたのです。

 この解釈が違う、という意見は当然、あると思います。

 わしは、『週刊現代』に原子力発電所に対する反対運動についての企画を出し続けました。

 そりゃ、実現しませんよ。

 切通さんが登場した『WILL』。前の月の号。

 これは、地震直後の『朝まで生テレビ』と並ぶ、歴史的な雑誌です。

「東電を叩いてはいけない」と書いてありますよね。

「放射能、恐るるに足らず」とも書いてありますよねえ。

 福島の住人が書いた記事でも、東電批判はすべて削除されているんです。

 ライター個人が「電力会社から金をもらっていない」と言わなければならない状況こそが異常です。

 記者会見で問題になっているのは、まさにそこで、ギャラをくれる出版社が東京電力からの金で成り立っているから、厳しく追及しない。

 電力マネーが「本当のことを言う人」を消したのです。

 切通さんこそ、「本当のことを言う人」と思い、尊敬をしてきました。

 だから、この破局に対し、ともに闘ってくれるんじゃないか、と思ったんです。

「電力会社からお金をもらっていませんか」というのはギャグではありません。

 わしが書いた雑誌がどれくらい電力マネーでまかなわれていたかを今、調べています。

 無料予想。

 フリーライターとして今まで生きてこれた人間は、電力マネーで養われていたんです。

|

« 日本のマスコミは死にました | トップページ | 東電会見「合同隠蔽会議」のからくり »

コメント

中田さんがおっしゃっているのは、直接ライターが電力会社からお金をもらっているかどうかということだけではなくて、そのライターの仕事を成り立たせている媒体に電力会社からお金が支払われているかどうかということなのですね。

電力会社がメディアを買収する……その範囲がどの程度のものなのか、いまの僕にはわかりようもありませんが、真実だと証し出すものがある個々の事項については、知る機会があれば読んでみたいと思います。

投稿: 切通理作 | 2011年5月31日 (火) 19時22分

中田さんは、さまざまな活動にあたり、あまり潔癖症になりすぎない方がいいと思います。

だって、こうなってくるとココログは電力会社のお金は入ってないのか(少なくとも言論に圧力がかかるような入り方はしていないようだけど)とか、そんなところを調べてからでなくちゃ活動できなくなっちゃいますよ。

投稿: | 2011年5月31日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/40199380

この記事へのトラックバック一覧です: 切通理作さん コメントありがとう! 私が今、調べているのは、『サピオ』『WILL』などの雑誌が、一体、誰の金で作られているのか、ということです:

« 日本のマスコミは死にました | トップページ | 東電会見「合同隠蔽会議」のからくり »