« 原発報道は幽霊ばかり テントも大前研一も消えた 政治主導でやるんじゃなかったのか!? 細野豪志! | トップページ | ニュージーランドトロフィー予想です »

2011年4月 8日 (金)

わしらはどこで間違えたのか? 日本経団連 米倉昌弘

「千年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」

「原子力行政が曲がり角に来ているとは思っていない」

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/278915.html

(3月16日)

「原賠法の目的は被災者救済と原子力発電事業の発展だ。東電は(大型の地震と津波による)被災者の側面もあり、政府が東電を加害者扱いばかりするのはいかがか」

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110408k0000m020123000c.html

(4月7日)

日本経済団体連合会会長 米倉昌弘

Imagesca9yhyp5

 酪農家の皆さん、漁師の皆さん、この発言を許せますか!?

 株式会社群が政府より上に立つ構図こそ、わが祖国の特殊性だ。

「人間の命よりも利益を優先する」「永久に成長し続けなければならない」株式会社の理論が、民主主義より優先される、という異常事態が今の破局を生んだ最大の要因だ。

 マスコミも株式会社群。ジャーナリストが本当のことを言わない要因もそこにある。

 たとえば、

Imagescah0r9jj

「Co2を出さない原子力発電は、時代のニーズにあっているんですね」(福島敦子 北海道電力の新聞広告より)

 テレビ、新聞、商業誌は、東京電力からの多額の広告収入はあきらめても、東芝、日立からの広告収入はまだ、あきらめていない。

 福島の牛たち、魚たちのために、日立の社内留保金1兆2000億円を!!

|

« 原発報道は幽霊ばかり テントも大前研一も消えた 政治主導でやるんじゃなかったのか!? 細野豪志! | トップページ | ニュージーランドトロフィー予想です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/39535907

この記事へのトラックバック一覧です: わしらはどこで間違えたのか? 日本経団連 米倉昌弘:

« 原発報道は幽霊ばかり テントも大前研一も消えた 政治主導でやるんじゃなかったのか!? 細野豪志! | トップページ | ニュージーランドトロフィー予想です »