« 「ウラン」には言及したのは韓国メディアです | トップページ | プルトニウムを検出する中性子線モニター 東京電力はこんな簡単な機械を持っていないと言った »

2011年3月28日 (月)

わしらはどこで間違ったのか? 週刊誌ジャーナリズムより 浅草キッド

 今から3年半前の7月16日、マグニチュード6.8の中越地震に見舞われたわけですが、とくに大きな事故がなかったというのことは特筆すべき点ですよね。

--水道橋博士(浅草キッド)

Imagesca1e4pv1

 わしのかつての職場『週刊現代』(3月19日号)。東京電力の広告での発言です。

110313_120001

110313_120101

 雑誌の広告収入が全体で25%も落ち込む中(テレビは確か10%程度)、カラー4ページのタイアップ広告とは東京電力、さすが太っ腹です。

 私は確か『週刊現代』にも原子力発電所反対運動についての企画を提出しましたが、採用されるわけねえ、です。

 今出ている『週刊現代』も「東京電力」という見出しは、多分、みんな書いたと思うのですが、削除されています。

Top_hon_03

 これが、企業、株式会社、コーポレーションがやっている「ジャーナリズム」です。

「利益は出るか?」のみ。

 水道橋博士はこんな仕事もやっていますよね。

Mirancadvd1

 2週にわたって「地球温暖化のウソ」という特集をやって話題になりました。

 水道橋博士!

 地球温暖化に疑問を持ったのなら、その裏にある「原発輸出ビジネス」を勉強してください。

 ちょっとでも勉強していたら、東京電力の広告の仕事を引き受けるわけがありません。

 これも多分、「ギャラがよかったからやった」のみ。

 まず、活字のメルトダウンが起こり、原子炉のメルトダウンにつながったのです。

 商業ジャーナリズムの責任は重大で、末席ながらわしもその一員です。

 わしごときが詫びてもなんにもならないのですが。

|

« 「ウラン」には言及したのは韓国メディアです | トップページ | プルトニウムを検出する中性子線モニター 東京電力はこんな簡単な機械を持っていないと言った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/39398300

この記事へのトラックバック一覧です: わしらはどこで間違ったのか? 週刊誌ジャーナリズムより 浅草キッド:

« 「ウラン」には言及したのは韓国メディアです | トップページ | プルトニウムを検出する中性子線モニター 東京電力はこんな簡単な機械を持っていないと言った »