« ハーケンクロイツ ナチの意匠について | トップページ | チューリップ賞、女王を振り切れ!! »

2011年3月 4日 (金)

立ち上がったリビアの人たち 原油価格の高騰の正体

 リビアの戦闘機に乗って、地べたの人間を殺しまくっているやつの気持ちは?

 地べたで、エクスプロージョンを見ているリビアの人たちの気持ちは?

 そんなさなか、わが祖国のマスコミは、原油価格高騰を心配している。

 のんきにもほどがある!

 原油価格高騰って何?

 持ち出される指標はWTIだろ?

 ウエスト・テキサスだ。アメリカの州の西の方で採掘された原油の、しかも、先物取引の価格なんだよ。

 リビアとなんの関係がある!?

 市場が人間を規定する?

 百歩ゆずって、そう仮定してみても、2000年代の投機マネーによるWTIの値動きほど、人間のためにならなかったものはない。

 リーマン・ショックは、少なくともわしを考え込ませたが、WTIのグラフにはなんの意味がある?

 世界を映し出していたか?

 リビアの人たちの死。残された人たちが眠れない夜をすごしていること。そして、昨日のニュースで言えば、就職できなくて自殺した日本の若い人たち。

 137円になったガソリン価格は問題だとしても……。

 人間の感情にも行動にも優先順位がある。

「市場」「経済」「財政赤字」なんて、必死で働いている人が気にする必要はないよ。

 改めて書くが、借金のために死んではいけない!!

 利子を取り、他国の紙幣印刷権を握り、戦争に投資し、民主主義国家よりボロ儲けできる独裁国家と一体化した国際銀行団は、今、崖っぷちに立たされている。

 日本の財政赤字の元凶も、円を印刷する権利を握り、日本政府に円を貸して利子を取り続ける、ロスチャイルド、ロックフェラー一派でしょ?

 世界が崩壊するんじゃなくて、詐欺師が一掃されようとしているんだよ。

 解散総選挙をやるかやらないか、が争点じゃなくて、やってもやらなくても、詐欺師の集金システムは崩壊する。

 それは、わが祖国、日本の崩壊か?

 わしは断じて違うと思う。

 石にかじりついても、歴史の大転換の結果をこの目で見たくないですか?

|

« ハーケンクロイツ ナチの意匠について | トップページ | チューリップ賞、女王を振り切れ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/39097384

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち上がったリビアの人たち 原油価格の高騰の正体:

« ハーケンクロイツ ナチの意匠について | トップページ | チューリップ賞、女王を振り切れ!! »