« 一番好きな馬は? もちろん、サンデーサイレンス! | トップページ | エジプトは大丈夫! »

2011年2月 4日 (金)

大相撲は八百長である 八百長でどこがいけないのか!?

 大相撲は神事であり、横綱は神だ。

 まず、この構造があって、歴史的には、力士はすべて、時の権力に抱えられ、庇護されてきた。

 日本相撲協会が税金を免れているのが、庇護の証明でしょ?

 天覧相撲の日に、わしも両国に行ったことがあるが、民が、王、神をあがめなければ許されない空気は、天皇制そのものだった。

 大相撲がそういうものだとしたら、横綱を頂点とする確固としたピラミッド組織こそ、民が求めるものである。

 大相撲は神事として常に「めでたいもの」であらねばらない。

 実際にめでたいし、わしは大相撲の巡業に行って腹の底から幸せになった。

 そのめでたさ、幸せと比較して、近代スポーツの原理である真剣勝負など、どれほどの価値があるのか!?

 しかし、幾時代かがありまして、茶色い戦争がありました、なのだ。

 そこで、力士は解放されるべきで、実際、力道山は解放されて英雄になったが、大相撲は天皇制を引きずり、てゆーか、失われた王政を民に対し体現する義務を負ったまま、民主政府と近代スポーツに従属した。

 これはジレンマ。ものすごいジレンマだよ。

 スポーツなどくだらん、と言う人々が大相撲を支えてきたのではなかったか!?

 極論するが、携帯電話に残された「八百長メール」は、これからの日本人の生き方を示している、とわしは思う。

 金融の詐欺合戦と、仲間を陥れる椅子取りゲームと比べて、大相撲の「互助」「助け合い」は唾棄するべきものなのだろうか!?

 もうひとつ、極論するが、八百長があるから、大相撲は幸せで、豊かだ。

 人間は複雑だ。

 だから、生きていることは面白い。

|

« 一番好きな馬は? もちろん、サンデーサイレンス! | トップページ | エジプトは大丈夫! »

コメント

八百長の是非なんか論点でもなんでもなくて
本人たちが八百長なんて絶対にないって
言い張ってるのがバカみたいだから
みんな笑ってるだけでしょ。

投稿: | 2011年2月 4日 (金) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/38729535

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲は八百長である 八百長でどこがいけないのか!?:

« 一番好きな馬は? もちろん、サンデーサイレンス! | トップページ | エジプトは大丈夫! »