« 『ゴジラ』という名の船に乗るシーシェパードについて | トップページ | 長文、ありがとう! »

2010年12月 9日 (木)

「個人的見解だけど」さん、コメントありがとう!

 一本のマッチをすれば湖は霧

 マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

「本歌どり」ってのが、どこまで許されるのかはわしにはわからない。

 でもね、「マッチ」と「霧」とそこで視点が引き伸ばされているイメージは、同じ。これをわしが書いて「代表作」とか言われたら、ものすごく苦しむと思うんだよ。

「パクリじゃん!」と言われて「違う」と即答できないと思うのよ。

 あと、ブルース、ロック、パンクの「関係」と言うんだけど、「関係」って何?

 たとえば、ジョン・レノンが「ブルースの抑圧をぶち破ってロックを作った」とか、ジョニー・ロットンが「プロブレッシヴ・ロックの抑圧をぶち破ってパンクを作った」とか、そんな進化、進歩する歴史なんでしょうか?

 わしは、セックス・ピストルズを聞いて、バンドを作って、ニューウェーブを気取ってはいたが、「祖国よ!」って歌ったとき、それはまさしくブルースだったのよ。

 国家についての本を何冊読んできただろう。

 それもまさしくブルースだと思った。

 ロックな国家とわしは一度も出会っていない。

 当たり前だ?

『アナーキー・イン・ザ・UK』の衝撃から、何年が過ぎて、わしらは何をやってきたの?

|

« 『ゴジラ』という名の船に乗るシーシェパードについて | トップページ | 長文、ありがとう! »

コメント

>そんな進化、進歩する歴史なんでしょうか?

そんな感じのことだと思う。
ロックもパンクも、何かを下地にしたり
ぶっこわしたりすることを創造に
繋げたけど、ブルースはそうじゃない。
あなたが使ってる「ブルース」ってのも、
つまりそういう意味じゃないの?

>「本歌どり」ってのが、どこまで
許されるのかはわしにはわからない。

ロバート・ジョンソンを「パクった」
ストーンズの「Love in vain」を、
僕はそもそも許すとか許さないとか
そういうレベルで聴いてない。
というか「パクリ」という言葉で
非難することなんて思ったことすらない。
寺山がやりたかったことって、
そういうことじゃなかったのかなと。
うまくできているかどうかは別にして。

>「パクリじゃん!」と言われて
「違う」と即答できないと思うのよ。

じゃあそれはパクリなんだと思う。
その境界線は、究極、本人にしか
わかんないと思う。

長文ごめんなさい。

投稿: 個人的見解だけど | 2010年12月 9日 (木) 04時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/38009107

この記事へのトラックバック一覧です: 「個人的見解だけど」さん、コメントありがとう!:

« 『ゴジラ』という名の船に乗るシーシェパードについて | トップページ | 長文、ありがとう! »