« ジョン・ナッシュのゲーム理論と船橋の本屋、そして、競馬 | トップページ | 株価急上昇 よかった 本当によかった! 戦争にならければね »

2010年12月 2日 (木)

年末ジャンボ宝くじ

『ザ・クオンツ』という本を読んでいて、これ、マジに面白くて、酒場でこう声をかけられた。

「中田は宝くじ買った?」

 とっさに出たきた答えが「多分、一枚だけ買うんでしょう」というもので、答えてうろたえた。

 300円に対する期待値が、とか、真剣に博打をやること、とか、講釈はいくらでもあるんだが、わしは「一枚買う」のである。多分だが。

 そして、はたと気づいた。

『ザ・クオンツ』に出てくるウォール・ストリートの大立者は、数学の天才であり、ポーカー、ブラック・ジャック、ルーレットなど、ギャンブル必勝法にとりつかれていた。

 もちろん、彼らは宝くじは買わないが、そこに競馬も皆無なのである。スーパーボールに代表されるスポーツ賭博も出てこない。

 天才たちが何を言うか、といえば、競馬は、株式市場よりはるかに複雑な複雑系であり、未来予測をしようとする努力に意味はない。ゼロ。

 そこで「真剣に博打をやる」と言ってるバカがわしなのだ。

 数学の天才たちは、カジノで成功しなかったが、ウォール・ストリートに精緻を極めたコンピュータ・システムを構築し、ぼろ儲けをする。

 そして、結局、ギャンブル必勝法が、リーマン・ショックを引き起こし、世界を崩壊させるのである。

 なぜなのか? なぜ、天才は道を誤ってしまうのか?

 それは、宝くじにおける「300円の期待値」にある。

 数学の天才たちの作った数式でも、300円は「変数」ではない。

 300円は明日も300円である、思い込んでいる。

 牛丼と交換できる、と思い込んでいるんだな。

 タバコが好きな人は、国家権力によって、300円がセブンスター一箱と交換できなくなった現実を考えてみてほしい。

 単純に、住宅ローンを払い続けている人の300円と、持ち家に住んでいる人の300円は違う。

 つまり、「変数」だ。

 国家、祖国とは、1億個の変数が相互作用する方程式といえないか?

 しかも、その方程式を成り立たせている基盤は、「300円は明日も300円の価値がある」という人間の思い込み、脳内の出来事でしかないのである。

 リーマン・ショックについて、コンピュータはこう結論づけるだろう。

 全人類の気が狂っている、と。

 しかし、あなたは正気でしょ?

 方程式やプログラミングに優雅さや美しさを感じるのではなく、夕焼けや子どもの笑顔、馬が走る姿に美しさを感じるでしょ?

|

« ジョン・ナッシュのゲーム理論と船橋の本屋、そして、競馬 | トップページ | 株価急上昇 よかった 本当によかった! 戦争にならければね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/37922743

この記事へのトラックバック一覧です: 年末ジャンボ宝くじ:

« ジョン・ナッシュのゲーム理論と船橋の本屋、そして、競馬 | トップページ | 株価急上昇 よかった 本当によかった! 戦争にならければね »