« 「熊蔵」さん、コメントありがとう! 映画はやっぱり映画館で観よう! | トップページ | 南北朝鮮 陸上からの砲撃合戦 »

2010年11月23日 (火)

血統を目の敵にしているんじゃなくて、血統についての「語り」がやせ細っている、と思うのよ

 田端到さんは、勝手に「師匠」と呼ばせてほしいほどの馬券名人。何度か取材をさせていただいた。

『血統ビーム』も、「馬券本冬の時代」の一筋の光明であり、わしもすぐさま取材に行った。

 でもね、血統についての言説が、すべて「当たるから」になっているのはどう?

『血とコンプレックス』で血統にハマッたわしとしては、血統ってもっと面白いのに、と思っていしまう。

 それが、インチキ、トンデモ、単なるウソであっても。

 さらに言えば、わしはうそつきが大好きだ。

 語弊あり?

 競馬の血統とは、マッド・サイエンティスト、やけくそになった貧乏人などなどの人間ドラマであり、人間に対する畜生の復讐劇であり、科学万能時代における奇跡の宝庫であったはず。それがまったく語られなくなった。

 わしは土曜日から、「500万条件以上、パドックで大暴れしている馬の父」のリストを作っている。

 始めてみて、そんなことをしても1円の得にもならないんでは、とすぐさま思ったが、まあ、百も承知。いつものこと。

 もしかしたら、物語にたどり着けるかも。

|

« 「熊蔵」さん、コメントありがとう! 映画はやっぱり映画館で観よう! | トップページ | 南北朝鮮 陸上からの砲撃合戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/37800033

この記事へのトラックバック一覧です: 血統を目の敵にしているんじゃなくて、血統についての「語り」がやせ細っている、と思うのよ:

« 「熊蔵」さん、コメントありがとう! 映画はやっぱり映画館で観よう! | トップページ | 南北朝鮮 陸上からの砲撃合戦 »