« 昔、ロジータという偉い牝馬がおりました | トップページ | 黒沢清監督の役者論がちょっと面白かった »

2010年11月19日 (金)

カワサキ・ガケップチ・バトル

 いやあ、散々でしたなあ。

 やっぱ、競馬はむずかしいよ。

 当たったのは、単勝130円、馬単700円のみ。

 そもそも、3歳戦では、ラップタイムがない馬がほとんど。

 南関東はラップタイムを公表しているんだが、ダートの小回りだと、どうしても順番が違ってくるんだよなあ。

 しかし、場内の会話は相変わらずディープ。

「獲ったんだよ。運勢だよ。運勢って当たるね」

 運勢? 馬の運勢?

 そう語るのは、ピンストライプの白いスーツに白シャツ、赤ネクタイのデブ。

 どう考えてもサラリーマンじゃねえ。

「東スポに運勢が載ってるの。それで俺、勝ちまくったね」

 あんたの運勢? それとも、馬の運勢? 東スポのどこに書いてあったの?

「いや違うね」とねずみ色の爺さん。

「ありゃ、シックスナインだよ。シックスナインで獲れるんだ」

 シックスナイン?

 エロ話か?

 ピンストライプは、「うんうん」。

「あれは見事だったねえ」

 褒め合う二人。

 なにがなんだか、さっぱりわからなかったけど……よかった! 本当によかった!

|

« 昔、ロジータという偉い牝馬がおりました | トップページ | 黒沢清監督の役者論がちょっと面白かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/37729389

この記事へのトラックバック一覧です: カワサキ・ガケップチ・バトル:

« 昔、ロジータという偉い牝馬がおりました | トップページ | 黒沢清監督の役者論がちょっと面白かった »