« チェ・ゲバラ | トップページ | 三里塚闘争とは何か? »

2010年8月19日 (木)

チェ・ゲバラから、サルトルへの手紙

 映画では、 ゲバラが「書いた」と言っている。

 思想じゃなくて、ここいらへんが現代史の分かれ目だったんじゃないか?

 サルトルはゲバラを見殺しにする。

 アンドレ・ブルトンは、トロツキーに会いに行く。

 日本の思想家は、文春に負ける。

 死んだ人以外、全員が変節する。

 わしはその時代を日本文学科の学生として生きた。

 同世代は、ゲバラの映画を三里塚闘争に重ね合わせたはず。

 50歳なら、三里塚を知らない、なんて言うなよ。

|

« チェ・ゲバラ | トップページ | 三里塚闘争とは何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/36238602

この記事へのトラックバック一覧です: チェ・ゲバラから、サルトルへの手紙:

« チェ・ゲバラ | トップページ | 三里塚闘争とは何か? »