« 勝手に決めたのなら、スマンです | トップページ | 木村剛くん妄言録 »

2010年7月12日 (月)

つかこうへいさん ありがとう 合掌

 高校生のときに観た教育テレビの舞台中継録画『熱海殺人事件』は強烈な経験でした。

 この衝撃がなかったら、当時、レッド・ツェッペリンとストーンズとキング・クリムゾンにしか興味がなかったわしが、文化祭で芝居の台本を書くはずはなかった。

 その台本は、つかさんのモロなパクリだったけど、今考えると、わしが人前にさらした初めての物語だった。

 映画『蒲田行進曲』もよかったなあ。泣けて泣けて、文芸座地下の椅子からしばらく立ち上がれなかった。

 しらけていて、斜に構えていて、人間に絶望する寸前で、大笑いをして、泣く。

 つかこうへいさんは、稀有な物語作家でした。

 合掌。

|

« 勝手に決めたのなら、スマンです | トップページ | 木村剛くん妄言録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/35731470

この記事へのトラックバック一覧です: つかこうへいさん ありがとう 合掌:

« 勝手に決めたのなら、スマンです | トップページ | 木村剛くん妄言録 »