« 今、ヤクザが新しい | トップページ | スマンです »

2010年7月24日 (土)

フリーメイソンに、いっぱいのお運びで

「フリーメイソン」と書けば、お客さんが集まる、ってことなんでしょうか?

 だとしたら、ネットはすごいことになっている。

 たとえば、オバマくんは苦労して、金融改革と経済再建計画を発表したよね。

 その本質は何か、といえば、リーマンショックのようなことが、次に起こった時に、「FRBが」金融機関をつぶせるようにする、である。

 FRBは国家から独立した私企業である。FRBのトップを選挙で替えることは人民にはできない。

 こんなあからさまなインチキはない。

 でも今、わしが「FRBはフリーメイソンに支配されている」と書いたらどうなる?

 やっぱりそうか、って納得して、誰もFRBを攻撃しなくなるじゃん!

「フリーメイソンが諸悪の根源」と思って世界各地のロッジを取材したジャーナリストは、ほぼ全員が「フリーメイソンは怪しい組織ではない」と書いているんだよ。

 なぜ?

 実際に怪しくないからだよ!

 そもそも、冨を独占しようとする人が、他人に会うとき、秘密儀式なんてやっている時間はないよ。

 儀式を拒否したやつとも、儲かるのならずっと付き合うよ。

 何度も書いてきた。

 人もモノもみな滅びるのに、紙幣だけは滅びず、さらに利子を産む。

 利子を取る国際銀行団が、戦争に投資してきたことが、ほぼすべての大量虐殺の原因である。

 フリーメイソン陰謀説は、人民を眠らせる権力側の陰謀なのではないか?

|

« 今、ヤクザが新しい | トップページ | スマンです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/35871262

この記事へのトラックバック一覧です: フリーメイソンに、いっぱいのお運びで:

« 今、ヤクザが新しい | トップページ | スマンです »