« 「リスク」などという概念が生まれたのは何年前!? | トップページ | 木村剛くんの志はよかった!? 何を言っているのか『報道ステーション』 »

2010年7月14日 (水)

木村剛くん逮捕 経済ジャーナリズムの死

<しからば、なぜ「ブレーン」と呼ばれかねない立場で、竹中平蔵氏を支えているのか。

 一言で言えば、それは「男気」である。

 昨年一〇月初め、私の前に現れた竹中平蔵氏は、評論家ではなく、ファイターそのものだった。粉飾だらけの官僚答弁を覚えながら、大臣という優雅なポストを楽しもうとする評論家の姿ではなかった。それは、ぶざまな姿で血まみれになり傷だらけになりながらもギリギリの勝利をもぎ取りたい、という覚悟をさらけ出した一個の「男」だった。>(木村剛著『竹中プランのすべて』アスキーコミュニケーションズ)

 かっこいいねえ……なんて思うやつがどこにいる!?

 てゆーか、モーホ?

 木村くんはよく、政治や経済をボクシングにたとえて書くんだけど、本当に血まみれ、傷だらけになって死んでいったボクサーに失礼だろ!?

 事件については、情報はいろいろ出てきて、錯綜しているが、わしが一番驚いたのは、木村くんが『週刊金曜日』に登場しまくっていた、という事実だ。

「スポンサー・タブー」を恐れず、トヨタ批判を繰り返した『週刊金曜日』まで、なんで、木村くんに騙されるかなあ。 

<こんにちは、高野孟です。>

<(木村氏は)日本銀行勤務からベンチャー企業を立ち上げるなどということは日銀の歴史上ないんじゃないかというぐらいの決断、勇気と胆力の持ち主です。>(田原総一郎の早大「大隈塾」講義録2005』ダイヤモンド社)

 あ、アホウがまたいた。

 佐藤優くんに騙される心理と同質のものなんでしょうか?

 田原総一郎くん、さあ、書きましょう!

 木村剛くん逮捕は国策捜査ですか!?

|

« 「リスク」などという概念が生まれたのは何年前!? | トップページ | 木村剛くんの志はよかった!? 何を言っているのか『報道ステーション』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/35753055

この記事へのトラックバック一覧です: 木村剛くん逮捕 経済ジャーナリズムの死:

« 「リスク」などという概念が生まれたのは何年前!? | トップページ | 木村剛くんの志はよかった!? 何を言っているのか『報道ステーション』 »