« 三井物産子会社の童顔社長へ | トップページ | BSブルース・リー特番、面白かった! »

2010年7月26日 (月)

BP社CEO アメリカ議会で叱られたから、翌日はヨットに乗って気晴らしかい!?

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2736618/5890827

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100725-00000581-yom-bus_all

 トニー・ヘイワードCEOが、JPモルガンの主催するヨット大会で、2400万円のヨットに乗ったのは、アメリカ下院公聴会でさんざん罵倒された翌日である。

 ストレス解消なんでしょうか?

 で、辞任を否定したが、耐え切れず、1億4千万円の退職金をもらって辞めるらしい。

 これが、トニーくんの個人的な問題でないことは、リーマンショック直後にAIGの社員旅行を見ても明らかだ。

 金融資本主義の末期に、民主主義から独立した「貴族世界」が、生じていたのである。

 JPモルガンは、リーマンショック前夜、「JPモルガン自体の破産も覚悟しなければいけない」と考えていた、ということを何かで読んだが、危機から身をかわしたら、「貴族世界」ゴーオンで、ヨットの上にいた。

 そこに、石油メジャーであるBP社のトニーくんがいたのは、「当然」なのだろうか?

 前にも書いたが、BP社は、1990年代末から、むちゃなリストラ計画を推し進めていた。

 それが、史上最大の企業犯罪を引き起こした。

 これは、古い資本家、滅び行く産業の悲劇だと理解できなくもないのだが、「文化」はJPモルガンといっしょ、ってのがわびしいよねえ。

 ヨットって面白い?

 BP社の広報の言葉が面白くて、

 当社CEOはどこにいても問題は把握しています。

 ワイト島の澄み切った海にいちゃダメだろう。

 不思議だが本当だ!

 エイリアン(法人)は地球上にいる!

|

« 三井物産子会社の童顔社長へ | トップページ | BSブルース・リー特番、面白かった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/35897529

この記事へのトラックバック一覧です: BP社CEO アメリカ議会で叱られたから、翌日はヨットに乗って気晴らしかい!?:

« 三井物産子会社の童顔社長へ | トップページ | BSブルース・リー特番、面白かった! »