« 首を振るキャッチャー、城島健司 | トップページ | 競艇名人戦と滝澤正光選手 »

2010年4月15日 (木)

トヨタのレクサスは買ってはいけない? というニュースは明日は消えているんでは?

 NHKは7時のニュースでやって、テレ朝の『報道ステーション』ではまったく触れずに、浅川マキの追悼をやっていた。

 このニュースって何なの?

 そもそも、トヨタが横転の危険のある高級車を作る?

 てゆーか、無茶な運転をすれば、どんなクルマだって横転するよ。

 こういうことだと思うのよ。

 アメリカのミッションは小泉構造改革で終わった。

 保険屋は儲けたから。

 今、日本は、アメリカにとってどうでもいい国なわけよ。

 どうでもいい国で政権交代が起きて、金になる話はひとつもない。

 こういう民主国家は、じわじわと力を失わせる、という戦略で十分なわけよ。

 外交的にはほっといて、民間に「日本製品はだめだ」と言わせておけばいい。

 外交的には、「いつでも話し合いますよ」と言って、話し合わずに「原則を守れ」と言っておけばいい。

 つまり、らくちん。

 金もかからない。

 で、ハイブリッド車を闇に葬る。

 わしのつたない知識では、1980年代、すでにGMは走行距離300キロ以上の電気自動車、EV-1(だっけ?)を作って、売っていた。

 ハイブリッド車こそ、いらない技術になる。その可能性大でしょ?

 日本人なら、トヨタのクルマが優秀なこと、誰でも知っているのに。

 日本人にできないのは、アメ車に対するネガティヴキャンペーンである。

 非営利団体(ってのがそもそも嘘っぱちだが)が「買ってはいけないクルマ」と書くのはただ。

 それで、GMが復活するとはとても思えないが、相対的に優位に立つのは確かだよなあ。

 アメリカ人から見れば、経済的に2位から3位に落ちたやつのために、なんかする必要があるか?

 もう、敵じゃないんだから。

 それもまた、戦後の日本がしてきたこと。

 アメリカだけを向いて、勝とうとしてきた。

 だから、東アジア経済圏など作れるわけがない。

 日本人にとって、アジアの同胞は、「貧乏になってくれたらそれでいい」存在でしかなかったんだから。あとは、ゴミを引き受けてくれるやつら、といった認識だろ?

 アジアをバラバラにしたのは、わしら日本人。

 報いなんだろうなあ。

 日本ほど、家族も血縁も、信義も情もなく、バラバラに人間が生きている国は他にないよ。

 サッカー日本代表が必死で走るスタジアムで、わしらに歌う歌はあるか?

|

« 首を振るキャッチャー、城島健司 | トップページ | 競艇名人戦と滝澤正光選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/34233326

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのレクサスは買ってはいけない? というニュースは明日は消えているんでは?:

» エリザベス女王杯 |馬単裏技 [馬券予想]
エリザベス女王杯 の馬券を的中させたいなら無料競馬予想サイトを参考にしながら予想をしよう!万馬券が考えていたよりも簡単に万馬券が当たる!ネットの無料馬券予想を今すぐ使って万馬券を予想しよう!お金儲けをするなら競馬予想サイトへ無料登録して情報を参考にしながら馬券を購入しよう! >>>競馬予想サイト★無料登録★<<< [PR]小倉大賞典馬券予想 ■【井崎脩五郎のおもしろ競馬学】皐月賞“4月18日のジンクス” ■トールポピーが引退=中央競馬 ■福島競馬:開幕 家族連れら9600人、に... [続きを読む]

受信: 2010年4月15日 (木) 09時08分

« 首を振るキャッチャー、城島健司 | トップページ | 競艇名人戦と滝澤正光選手 »