« 女子王座戦の開会式が意外におもろかった! | トップページ | チューリップ賞で10万円じゃ!! »

2010年3月 4日 (木)

朝鮮高校問題。人間は国家に帰属する?

 帰属しない、とわしは思う。

 田中真紀子議員が東京朝鮮学校(だっけ?)を訪れたとき、女子高生が歓声を上げたよね。

 なぜなら、彼女たちは北朝鮮に帰属していないからだ。

 自由な個人。

 拉致問題に関し、在日朝鮮人に責任があるか?

 人間はただ、生きていくだけだろう。

 差別があろうと、国家があろうと。

 明日、どうやって食いつなぐか。

 それが問題。

 バンクーバーの多様な人種を見たばかりじゃん!

 もし、民主党政権が、金融資本に抵抗する多様な人種を受け入れない、という決定を下したら、わが祖国に未来はない、とわしは思う。

 右翼、民族派のコメント、お願いします。

 民族派の人には、国家と、祖国と、紙幣の関連性を考えていただきたい。

 祖国が、日本民族が、国際金融資本、つまり、利子を取る外国人に牛耳られいないか?

 岩崎弥太郎は、本当にこの国の礎を築いたのか?

 坂本竜馬はどうなのか?

 革命でも維新でもいいよ。変化は必ず起きる。

 資本主義の原動力である差異がなくなったんだから。

 企業、法人、コーポレーションが差異を宣伝する必要がなくなったんだから、雑誌、新聞、テレビ、ネット広告企業の順で滅びていくよ。

 じゃあ、スポーツノンフィクションは? 小説は? テキストは?

 絶対に死なない!

 と力強く宣言したいところだが、その内容が大きく問い直されるのは当然だろう。

 がんばりましょう!

|

« 女子王座戦の開会式が意外におもろかった! | トップページ | チューリップ賞で10万円じゃ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/33623511

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮高校問題。人間は国家に帰属する?:

« 女子王座戦の開会式が意外におもろかった! | トップページ | チューリップ賞で10万円じゃ!! »