« 小倉大賞典は悩ましい | トップページ | 祖国の、すべての50歳へ! »

2010年2月 5日 (金)

『ポニョ』を初めて観た野郎ども!

 みなさん、ブログにいろいろ書いているんでしょう。

 わしの感想は一言。

 わけわかんねえ!

 瀬戸内の魚を水道水のバケツに入れたら死ぬよなあ。

 ママカリも鯛も。

 ポニョは金魚だから大丈夫?

 金魚を描くんなら北へ行け!

 ファンタジーなんだから、そんな文句は言うな、という意見にも一理あるよ。

 あくまで白髪の爺さんの創造だから。

 じゃあ、子ども二人を残して、出て行っちゃうおかあちゃんはどうなの?

 身内とともにある、という基本がない!

 出て行く物語もあるけど、それはすべて、葛藤の末だよ。

 少なくとも言えるのは、この監督は、「身内、仲間を助けてあげられなかった」という経験がない。後悔がない。嗚咽がない。

 宮崎監督に、ジョン・アーヴィングを読むことをお勧めする。

|

« 小倉大賞典は悩ましい | トップページ | 祖国の、すべての50歳へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81762/33265337

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポニョ』を初めて観た野郎ども!:

« 小倉大賞典は悩ましい | トップページ | 祖国の、すべての50歳へ! »